Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

第17回 サーキットデザイン アマチュア無線クラブ(JR0ZBZ)の皆さん

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

「せっかくですから、何か測定してみましょう。ここに簡単に作った430MHz帯のダイポールアンテナがあります」

ということで、ダイポールアンテナをシグナルジェネレータにつなぎ、電波を出しながら電波暗室の中のターンテーブルを回転。すると、このアンテナの放射パターンが測定できました! 本当に8の字の指向性が出るんですね。面白い~!


26GHzまで測定できるというスペクトラムアナライザ(本体だけで1台約1,000万円!!)で、430MHz帯の簡易ダイポールアンテナを測定したら、8の字の放射パターンになりました!

「では今度は、この装置でMasacoさんを測定してみましょうか」

--は、はい? 私??

「Masacoさんが口元にハンディ機を近づけて電波を出すと、どれぐらい放射パターンに影響があるかをチェックしてみましょう」

--あ、面白そう!! でも私がこのターンテーブルに乗っていいんですか? 重量制限は大丈夫!?

「大丈夫です(笑)。そうしたら普段の交信と同じようにハンディ機を持って、430MHz帯で電波を出してください。準備ができたらドアを締めますね。いきなり回りますから気を付けて」


ID-51を手に持って、ターンテーブルに乗ったところ。これからグルグル回りま~す!

--はい!! 一人で電波暗室の中にいるのは、健康診断のレントゲン検査みたい! 「ただいま試験中」と電波を出しながら待っていると、ターンテーブルがゆっくり回り始めました。きゃあ、部屋が回ってるみたい!! グルグル~!!

「はいOKです、お疲れ様でした! 面白いパターンが取れましたよ」と見せていただいたのが下の写真です。


口元に近づけたID-51で送信しながらグルグル回転した私の放射パターン。背中のほうにはほとんど電波が出ていないのがわかります♪

ハンディ機を顔に近づけて電波を出すと、体が邪魔をして、背中の方向には電波が届きにくくなるというのは知ってはいたけれど、こうやって放射パターンで一目瞭然! よくわかりました。これからはスピーカーマイクを使って、ハンディ機は頭より高く持ち上げて使おうかしら!?

◆無線クラブのシャックを訪問!

続いて案内していただいたのが、「サーキットデザインアマチュア無線クラブ(JR0ZBZ)」の無線室です。サーバー室の隣のスペースに運用デスクを設置して、たくさんの無線機が並んでいました。


「サーキットデザインアマチュア無線クラブ(JR0ZBZ)」の無線室。最新機種のIC-7300は、社長の小池さんが「買おう!」とおっしゃって、発売直後に導入したそうです♪

無線局免許状を見せていただくと、移動する局では1.9MHz帯から47GHz帯まで、すべての周波数で免許が下りていましたよ~。移動しない局は去年、IC-7300とIC-PW1で1kWの変更検査を受けたそうです。


JR0ZBZのQSLカード。会社から見た北アルプスの風景です

アンテナは会社の敷地にあるコンクリート柱に立っているそうです。1.9~28MHz帯は珍しい「ウィンドムアンテナ」というワイヤーアンテナも使っているそうで、なんとこのアンテナを利用して4630kHzの1kW免許も下りています!


敷地に立っているアンテナ。下部にワイヤー式のウィンドムアンテナを展開しています

北澤さんは「山々に囲まれて、まるですり鉢の底のようなロケーションです。DXも、ちょうどインド洋からアフリカ方面に北アルプスがあるので、ショートパスはほぼ無理です」とおっしゃっていましたが、コンテストでは結構がんばっていて、第48回 ALL JAコンテストで信越地方第1位(電信電話部門、シングルオペ オールバンド種目)になったときの賞状も飾られていましたよ!

◆最後にドローンの飛行を実演!

最後に会社の前で、荒川さんにドローンの実演をしていただきましたよ。

ヘッドマウントを付けた荒川さんがコントローラを操作すると、ドローンは一瞬で浮かび上がり、あっという間に田んぼの向こうまで!!早い! 早い! 鳥というよりも蜂かコウモリのような感じ!?


田んぼの上空でドローンを飛ばす荒川さん♪

私はドローンから送られてくる映像をモニターで見て、地面すれすれに飛んでいく迫力ある画面にビックリしました。


ドローンのカメラから送られてくる映像の迫力にビックリ! これはハマるわ~

株式会社サーキットデザインの皆さん、今日はありがとうございました。「楽しくないと仕事じゃない」「日々勉強」「アイデア次第でなんでもできる」とおっしゃった社長の小池さんのお言葉が心に残っています。その思いが製品にギュッと詰まってるんだろうなぁ!

私も実家や友人の車のエンジンスターターを見たら「あ、サーキットデザインさんの製品かな!?」と思い出すことにしますね。これからも素敵な製品を開発してください!

(JH1CBX Masaco)

★Masacoプロフィール

兵庫県生まれ。シンガーソングライター。
学生時代は陸上競技ランナー、全日本インカレ出場。公務員となったが「歌い手になりたい」を実現すべく退職し上京。

NHK朝の連続ドラマ小説出演などを経て、IBS茨城放送のレギュラーラジオ番組パーソナリティーを6年、ラジオNIKKEI第一でもパーソナリティーとして活躍。全国高校統一模擬試験「英語リスニングテスト」の 日本語出題ナレーターなども務める。

オリジナル「あなたとともに咲かせましょう/むせんのせかい」はバックに流れるモールス信号も話題となり無線愛好家からの支持も得る。ファン1人1人からのエールを受け出来上がった最新作「むこう岸」はMasacoの新たな世界が広がっている。

コールサインはJH1CBX(第3級アマチュア無線技士)

・公式サイト:http://www.19box.net/masaco/
・オフィシャルブログ(Masaco Diary):http://blog.goo.ne.jp/33masaco/
・Twitter:https://twitter.com/Masaco3
・Facebookページ:https://www.facebook.com/Masacosama

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~ バックナンバー

2017年6月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2018年11月号」は 11月1日(木)と15日(木)に公開予定

サイトのご利用について

©2018 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部