Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

第23回 茨城県立玉造工業高等学校 工業研究部の皆さん

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

集まってくれた12人の皆さんに、この学校に入ったきっかけや、工業研究部に決めた理由をインタビューしましたよ。

★若林君(2年/機械・エネルギー科)
機械いじりや物を作るのが昔から好きで、この学校を選びました。機械エネルギー科での勉強が毎日とても楽しい!中学校は水泳部でした!

★梅原君(2年/情報技術科)
3年生の就職率が良いと勧められて入学しました。親が学校の近くに勤めているので車で送迎もしてもらっています。中学は柔道部でしたが、工業研究部が楽しそうだったので。ほかの部員と交流したり、みんなで頑張っていくのが好きです。


若林君(左)と梅原君(右)

★部長 中澤君(2年/情報技術科)
兄もこの学校で工業研究部に入っていました。「面白い部だよ」と聞いていたので自分も決めました。パソコンに向かって、みんながいろいろモデリングを作っていますが、それぞれの作品を見るだけで個性がわかって楽しい!

★副部長 谷口(やぐち)君(2年/機械・エネルギー科)
中学ではハンドボール部で「読売杯(読売杯争奪中学生ハンドボール大会)」にも出ました。この学校にもハンドボール部はあるけど、工業研究部が魅力的でした。入学直後にあった部活紹介で、ラジコンの実演やパソコンで3Dモデリングのデモンストレーションをしてくれ、それを見て「自分もこういうのをやってみたい」と。卒業したら就職する人が多いですが、自分は進学するつもりです。


部長の中澤君(左)と副部長の谷口君(右)

★柏葉君(2年/機械科)
就職率が良く、家からも近かったのでこの学校にしました。中学は親の命令で剣道部。だから“高校は文化部”と思って、部活紹介で一番魅力的に見えた工業研究部を選びました。友だちを作るのはあまり得意でないけれど、この部で友だちもできたので入って良かったです!ARDFは“宝探し”みたいで面白いですね。でも地図が読めなくて、ひたすら勘で走るタイプなんです(笑)。(← あら! 私と一緒のタイプ♪ by Masaco)

★渡辺君(1年)
「自分でゲームを作りたい」という夢を持っています。この学校は遠かったけれど、通いやすかったので。部活紹介で3Dモデリングやパソコンのプログラミングができるのでこの部にしました。ARDFは地図がまったく読めないし、電波の信号音も聞いたことがなかったので最初は戸惑いましたが、いくつかFOXを見つけることもできました。


柏葉君(左)と渡辺君(右)

★瀧口君(1年)
中学でちょっと怠けました…(笑)。でもコンピューターの勉強がしたかったんです。この学校で毎日楽しい!パソコンが自由に使えるのが嬉しいですね。自宅にあるノートPCは父親専用なので…。入部早々、ARDFをやりましたが、大きなアンテナと地図のバインダーを持って走るのは意外とキツイですね。

★加藤君(1年)
小さい頃から物を作るのが好きで、工業系の学校に行きたかったんです。父親の実家が車の修理工場なので、将来は自分も車をいじりたい!部活は工業系の学校でしかできないことをやってみたくて工業研究部にしました。ARDFも入部して初めてやったけれど、FOXを見つけたときの爽快感がありますね。


瀧口君(左)と加藤君(右)

★北谷(きたやつ)君(1年)
小学校4年の時にこの学校の文化祭に来て、学校の人たちに優しく接してもらえたので嬉しかったのを覚えています。工業研究部に入って楽しいです。将来のことはまだ決めていませんが…。

★掛田君(1年)
不器用なのを直すのと、専門の勉強がしたくてこの学校に入りました。体験入部で工業研究部に来たら面白かったので正式入部をしました。ARDFは、終わったあとで友だちと“あのFOXはあんなところにあったのか!”といった話をするのが楽しい!


北谷君(左)と掛田君(右)

★根崎君(1年)
普通の学校に行って実社会ではほとんど使わないことを勉強するよりも、就職もできるこの学校に行こうと思って来ました。中学は卓球部だったけれど、体幹トレーニングが中心で面白くなくて(笑)。高校ではいろいろものづくりをしてみたかったんです。実際やってみて楽しいですよ。ARDFはFOXを4つ見つけたのに、ゴールの手続きを忘れて失格に・・・(涙)。将来のことはこれから考えていきます。

★宮内君(1年)
コンピューター系の勉強がしたくて学校を選びました。部活紹介のときにコンピューター系のクラブがあるのを知って入りました。ARDFは最初はFOXを1つしか見つけられなかったけれど、次にやったときは3つ見つけて、急に面白くなってきました。


根崎君(左)と宮内君(右)

みんな前向き~! 自分のしたいことや、将来を考えながら学校を選んで、一所懸命に打ち込んでいる様子が伝わってくるわ~!

ちなみにARDFは、“初めて体験した”という人ばかり!「入部して知ったので、思わず“え、やるんですか?”と聞いてしまった」とか、「大会が近づいて、練習で“走り込み”をしたのにビックリ! 文化部なのに走り込みがあるとは」なんて本音も・・・。


今年の「全国高等学校ARDF競技大会」のスタートシーン。工業研究部の皆さんは“ARDFは入部してから初めて体験した”人ばかり。でも頑張りましたよ~!

あと、大会でなかなかゴールに戻れなかったら「先生から携帯に“お前、今どこにいるんだ!?”という電話がかかってきた」というエピソードも。そう!! 私もこの前の大会では途中で誰とも会わなくって、“絶対違うところに来てしまったんや~”とアセアセに。無事にゴールできるか不安で不安で・・・。何事も経験ね・・精神面も鍛えられるわ~!


林の中でFOX(No.2)を発見!! ホッとする瞬間ですよね。残り時間もがんばって!


ARDFの受信機材も手入れが行き届いていました。全部で14組ぐらいあり、練習用の送信機もあるそうです。このアンテナを持つと、選手として出場したARDF大会のことを思い出すわ~!

部活動で作ったいろいろなモノ♪

さて、部活動で作ったいろいろなものを見せてもらいましたよ。

★穴が光るスマートボール


穴に球が入ると青く光るスマートボール。おしゃれや~!!

縁日で見かけるアレや~! と思ったら、球が穴に入ると青く光る仕掛け! 入ったー!! 文化祭でやると子供たちが喜びそう!!

★ロボット


パソコンで動きをプログラムできるロボット。倒れたときの破損防止にプロテクターをつけています

お次はロボット! どんな動きをさせるかはパソコンでプログラムができるそうで、片足を上げてバランスを取ることにも成功したそうです。「でも、成功する喜びよりも失敗して壊れるほうが怖いです。倒れて、どこのモノかわからないネジが取れるとパニックになります」とロボット班の渡辺君。


リモコンを使ってロボットを操作! 面白い!!

「このリモコンで制御プログラムが動くようにしてあります」ということで、私も! ホンマや、ちゃんとポーズを取った! 面白い!!

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~ バックナンバー

2017年12月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2018年2月号」は 2月1日(木)と15日(木)に公開予定

サイトのご利用について

©2017 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部