Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

令和3年度の各級ハム国家試験スケジュール

無線従事者国家試験を実施している公益財団法人 日本無線協会が令和3年度(2021年4月1日~2022年3月31日)のアマチュア無線技士国家試験のスケジュールを発表した。


東京都中央区にある公益財団法人 日本無線協会の本部試験場。Masacoさんが2020年11月号の「むせんのせかい」で訪問した

上級資格である1アマ(第一級アマチュア無線技士)と2アマ(第二級アマチュア無線技士)については2月1日号の記事で紹介した通り、下記の日程で実施される。

★令和3年度4月期 1・2アマ国試
・試験申請の受付期間:
2月1日~20日(電子申請の場合)
・試験日:第一級 4月10日(土)、第二級 4月11日(日)

★令和3年度9月期 1・2アマ国試
・試験申請の受付期間:
7月1日~20日(電子申請の場合)
・試験日:第一級 9月26日(日)、第二級 9月25日(土)

★令和3年度12月期 1・2アマ国試
・試験申請の受付期間:
10月1日~20日(電子申請の場合)
・試験日:第一級 12月4日(土)、第二級 12月5日(日)

3・4アマの国家試験スケジュール

では入門者に人気の3アマ(第三級アマチュア無線技士)と4アマ(第四級アマチュア無線技士)の国家試験スケジュールについて紹介していこう。

令和3年度の3アマ、4アマ国家試験は、昨年度と同様「東京都、札幌市、仙台市、長野市、新潟市、長岡市、金沢市、名古屋市、静岡市、大阪市、広島市、松江市、岡山市、松山市、高知市、高松市、徳島市、熊本市、鹿児島市、福岡市、大分市、北九州市、那覇市」の全国23会場で行われる。

開催日程と年間実施回数は地域によって異なるので、下の早見表を参考にしていただきたい。なお受験申請書の受付は、それぞれ「試験月2か月前の1~20日(インターネット申請の場合)」となっている。


特に注意が必要なのは、東京地区で行われている「当日受付試験」だ。例年はほぼ毎月1回(第3日曜日が多い)に開催されているが、令和3年度は開催回数が減り、4月、6月、8月、10月(ハムフェア)、12月、1月、2月、3月の8回となる。また午前と午後の2回行われていた4アマ試験は10時30分からの1回のみになった。


東京地区で行われている当日受付試験の案内。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和3年度は変更点が多いので注意が必要だ

さらに当日受付試験は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、受験希望者は事前に発表される期間内に日本無線協会へ電話で受験予約をする必要がある(定員の90名に達した時点で予約終了)。これまでのように“試験日当日に行けば、その場で申し込みをして受験できる”という形式ではなくなった。またこれまでは試験終了から1時間程度で合格者番号の掲示があり、合格者はその場で無線従事者免許証の申請(取次)まで行えたが、令和3年度はこれも中止され、試験結果は郵送のみとなっている。


東京地区の当日受付試験が実施される日本無線協会本部試験場の廊下兼ロビー。令和3年度は試験後の合格者番号掲示は行われない

アマチュア無線技士国家試験の日程と受験申し込み方法などは、日本無線協会による次のPDFファイルで案内されている。

・令和3年度 第一級及び第二級アマチュア無線技士国家試験案内 http://www.nichimu.or.jp/kshiken/pdf/r3/ama1-2.pdf

・令和3年度 第三級及び第四級アマチュア無線技士国家試験案内 http://www.nichimu.or.jp/kshiken/pdf/r3/ama3-4.pdf

2021年2月号トップへ戻る

次号は 3月15日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2021 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部