Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

「新型コロナウィルス」で相次ぐアマチュア無線イベントの中止

新型コロナウィルスの拡大を防止するため、政府は2月26日に「今後2週間はイベントの中止や延期、規模縮小を要請する」という方針を表明した。これを受けて各地でさまざまなイベントや集会の中止と、観光・文化施設などの一時閉鎖が相次いでいる。


昨年開催された「第18回 西日本ハムフェア」の模様。例年、自動車工場の体育館を会場に2,000人前後が訪れる九州エリア最大のアマチュア無線イベントだが、今年は残念ながら中止となった

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は2月27日、政府の方針に倣って、今後2週間に開催される予定のアマチュア無線イベントの中止や延期を各地方本部や各支部に要請した。こうした動きから3月10日現在で次のようなアマチュア無線イベントが中止を発表している。

<開催中止が決まったJARL(地方本部、支部)主催のアマチュア無線イベント>
・モービルFOXハンティング(茨城県支部主催):3月1日(日)予定
・第19回 西日本ハムフェア(九州地方本部主催):3月8日(日)予定
・栃木県支部ハムの集い(栃木県支部主催):3月8日(日)予定
・中国地方ARDF競技大会(中国地方本部主催):3月15日(日)予定
・埼玉県支部大会(埼玉県支部主催):3月15日(日)予定
・奈良県支部大会(奈良県支部主催):3月15日(日)予定
・ハムフェステイバル in 香川(香川県支部主催):3月22日(日)予定

JARLでは公式ホームページのJARL Webに「今後のイベント開催について」と題した特設ページ(https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2020/event_info.htm)を開設して、各地方本部や支部が主催するイベントの中止・延期情報の速報を始めた。情報は随時更新されている。


JARLは2月27日に「今後のイベント開催について」という案内ページを開設。各地で行われる予定だった地方本部・支部主催のアマチュア無線イベントの情報を速報するようになった

さらにJARL以外の団体や個人が主催しているアマチュア無線イベントでも、中止の動きが見られる。

<開催中止が決まった一般主催のアマチュア無線イベントの例>
・ハムフェスタ笠岡2020(NPO法人 西日本アマチュア無線ボランティアズ主催):3月29日(日)予定
・第39回 29MHzFM全国大会(パシフィックレピータネットワーク主催):4月18日(土)予定
・第20回 松田町ジャンク会(JF1IZA局主催):4月19日(日)予定

このほか、地域のイベントを事前PRするために開局・運用していた特別コールサインの記念局が、イベントの中止が決定したことによって、急きょ運用中止のやむなきに至ったケースも見られる。

JARDの養成課程講習会について

アマチュア無線技士の養成課程講習会を主催している一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は、受講予定者向けに「新型コロナウイルス感染症への対応について」という告知を2月21日に行った。

その内容は「すでに計画されている養成課程講習会は当面予定通り開催するが、感染拡大などで状況が変化した場合は改めて案内する」「体調不良の場合は無理せず辞退してほしい(新型コロナウィルス感染症の疑いで辞退や中途辞退する場合はコース変更等の対応を行う)」「受講する場合はマスクの着用や手洗いなどの自衛措置を」といったものだ。

このほかJARDでは、全国ほとんどの小中学校と高等学校が臨時休校になり、子供らが自宅待機を強いられている状況から、この期間に自宅で誰でも受講可能な第3級アマチュア無線技士eラーニング養成課程の受講を勧める「小中高校生とその保護者の皆さまへ 臨時休校中にeラーニングでアマチュア無線国家資格を取りませんか」と題した案内を3月6日(金)にホームページ上(https://www.jard.or.jp/information/20200306_jard-info-202003.pdf)に掲載した。

JARDによると、これまでの実績で3アマeラーニング養成課程における22歳以下の受講者比率は15%程度だったが、案内掲載後初めての週明けとなる3月9日(月)と10日(火)の2日間では「22歳以下の申し込みが40%を超えている」という。今回の案内が小中高校生とその保護者の注目を集めている可能性がありそうだ。


自宅待機中の小中高校生に3アマeラーニング養成課程の受講を勧める「小中高校生とその保護者の皆さまへ 臨時休校中にeラーニングでアマチュア無線国家資格を取りませんか」と題した案内

政府は3月10日、今後も10日間程度はイベント自粛などの取り組みを続けることを求める発表を行った。新型コロナウィルス感染症の収束もまだ時間が掛かると見られており、アマチュア無線界でもイベントの中止や延期が今後も続く可能性がある。JARLが設けた「今後のイベント開催について」の案内ページや主催者のホームページをこまめに確認するようにしたい。

2020年3月号トップへ戻る

次号は 8月17日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部