Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

JAIAコーナー

IC-705新製品情報

HF/50/144/430MHz <SSB/CW/RTTY/AM/FM/DV> 10Wトランシーバー

IC-705 (アイコム)

希望小売価格
124,800円+税


アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:播磨正隆)は、HFから430MHz帯をDV(デジタルボイス)を含むオールモードでカバーする、移動運用に最適なアマチュア無線用ポータブルトランシーバーIC-705を2020年3月下旬に発売すると発表した。

IC-705ではIC-7300/IC-9700で高く評価されているRFダイレクト・サンプリング方式を採用。軽量約1kg(付属のリチウムイオンバッテリーBP-272含む)&コンパクトボディに、最高水準の速度と解像度を誇るリアルタイムスペクトラムスコープ&ウォーターフォール表示をはじめとした、多彩な機能を実現している。また、タッチ操作に対応した4.3インチの大型カラーディスプレイにより、豊富な機能を直感的に操作することができる。

さらに、付属バッテリー(BP-272)で最大出力5W、外部電源(13.8V時)で最大出力10Wを実現。WLAN/Bluetooth®無線技術による接続に対応した他、GPSアンテナ、micro USBコネクター、microSDカードスロットも装備している。もちろん、JARL(日本アマチュア無線連盟)が推奨するアマチュア無線のためのデジタル通信D-STARのDV(デジタルボイス)モードにも対応。ターミナルモード/アクセスポイントモードをはじめとしたD-STAR®の機能をフル装備している。

移動、フィールド運用に最適なマルチバッグLC-192(オプション)もラインナップされた、まさにフィールド運用のためのトランシーバー。HFから430MHz帯をオールモードでカバーするIC-705は、アマチュア無線の楽しみとアクティビティを、より一層高める期待の製品となっている。

主な特長
・HF+50MHz+144MHz+430MHzを、DVを含むオールモードでカバー。
・RFダイレクト・サンプリング方式を採用。(25MHz以上はダウンコンバージョンIFサンプリング方式)
・最高水準のリアルタイムスペクトラムスコープ&ウォーターフォールを搭載。
・タッチ操作に対応した4.3インチ大型カラーディプレイを搭載。
・付属バッテリー(BP-272)で最大出力5W、外部電源(13.8V)で10W を実現。

・軽量約1kg(BP-272含む)&コンパクトボディを実現。
・ターミナルモード/アクセスポイントモードなど、D-STARの機能をフル装備。
・WLAN/Bluetooth®無線技術による接続に対応。

2020年1月号トップへ戻る

次号は 8月17日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部