Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

令和2年度の上級ハム国試は「4月期、9月期、12月期」を予定

公益財団法人 日本無線協会が実施しているアマチュア無線技士の国家試験。令和2年度(2020年4月~2021年3月)の実施スケジュールが1月下旬に発表されるが、今年は「東京オリンピック・パラリンピック」が開催される関係で、例年とは異なる開催スケジュールになる見込みだ。


公益財団法人 日本無線協会の本部と試験場は東京都中央区晴海のビル内にある。東京オリンピック・パラリンピックの関連施設や選手村はすぐ近くだ

特に注意が必要なのは上級ハム(第一級アマチュア無線技士、第二級アマチュア無線技士)の国家試験だ。例年は4月期(4月上旬の土日)、8月期(8月上旬の土日)、12月期(12月上旬の土日)と4か月おきに年3回開催されている。

ところが令和2年度は、例年行われている8月期の開催がなく、「9月期」として9月下旬に行われる計画のようだ。一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)の機関誌「JARL NEWS」2020年冬号(1月1日発行)のトピックス欄に、令和2年度の上級ハム国家試験の日程が“予定”と明記した上で次のように掲載されている。

○4月期
・試験申請の受付期間:2月1日~20日(電子申請、書面申請)
・試験日:第一級 4月4日(土)、第二級 4月5日(日)

○9月期
・試験申請の受付期間:7月1日~21日(電子申請、書面申請)
・試験日:第一級 9月27日(日)、第二級 9月26日(土)

○12月期
・試験申請の受付期間:10月1日~20日(電子申請、書面申請)
・試験日:第一級 12月5日(土)、第二級 12月6日(日)

日本無線協会に問い合わせたところ、「2020年は7月下旬から9月上旬にかけて東京オリンピック・パラリンピックが行われるため、中央区晴海の日本無線協会本部など東京地区の国家試験会場周辺は大幅な交通規制があり、通常通りの試験実施が困難です。アマチュア無線技士だけでなく、その他の資格の無線従事者国家試験も実施スケジュールが変わる可能性があります。1月下旬に正式なスケジュールを発表しますので、十分注意の上で受験計画を立ててください」という案内があった。

いつもの年なら、例えば8月期の上級ハム国試を受験して8月下旬に合否(試験結果)の通知を受け取ってから12月期の受験申し込み(10月1日~20日)ができる。しかし2020年度の9月期を受験した場合は、合否を確認してから12月期の受験申し込みができるか微妙な日程になっている。受験を考えている人は十分に注意して臨む必要がありそうだ。

2020年1月号トップへ戻る

次号は 3月2日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部