Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

「第52回東海ハムの祭典」2,000名がオンラインで参加

8月23日、愛知県名古屋市昭和区の名古屋市公会堂で「第52回東海ハムの祭典」(主催: 東海ハムの祭典実行委員会主催、共催: JARL東海地方本部・東海4県支部)が開かれた。


「第52回東海ハムの祭典」のテープカット風景。登壇者はマスクやフェイスシールドを装着

今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、会場で行う予定だった「実行委員会企画展示」、「一般展示」、「純粋展示」、「ビジネス展示」はすべて中止し、JARL関連窓口(会費納入など)の開設と、特別記念局(8J2TKI/2)と体験運用臨時局(8J2YAA/2)の運用のみを実施。さらにオンライン会議ツールのZoomウェビナーと動画配信サイトのYouTubeを利用して、会場で行う「東海ハムの祭典・JARL愛知県支部大会式典」、「東海QSOコンテスト表彰」、「支部と語る会」、「ミニコンサート」、「講演会」をインターネットで配信する“日本初!オンライン・ハムフェア”として行った。

当日、会場には動画収録やイベント運営を担当するスタッフのほか、表彰式に出席する東海QSOコンテストの入賞者、そして一般のアマチュア無線家など200名が来場。さらにインターネット経由でオンライン配信を楽しんだ人が2,000名に及ぶという盛況ぶりとなった。


会場となった名古屋市公会堂の4階ホール。ソーシャルディスタンスを考慮した座席配置になっていた

会場は名古屋市公会堂の4階ホールで、ソーシャルディスタンスを考慮した形で机とテーブルを配置。最前方の壇上で行われる式典や表彰式、ミニコンサートの収録・配信のため、複数台の小型Webカメラとパソコンを設置。さらにスマートフォンに小型ジンバルを取り付けた可搬型の動画撮影機材も活用。ZoomウェビナーとYouTubeで生配信を行った。


ミニコンサートで熱唱するシンガーソングライターのMasacoさん(JH1CBX)。オンライン配信のために各種カメラが配置され、その模様はZoomウェビナーとYouTubeで全国の参加者に配信された。参加者はコメントを書き込むことも可能


固定カメラのほか、ジンバルにスマートフォンを取り付けた動画撮影機材も使用

主催者側は新型コロナウイルスの感染防止のため、入場時には受付でコールサインと氏名、連絡先の電話番号の記入を求め、さらに検温と手のアルコール消毒を義務づけた。また常時換気が行われるようにホールの出入口は開放、スタッフは全員マスクを着用し、登壇者は必要に応じて透明のフェイスシールドを装着し、マイクロホン類はこまめに消毒が行われた。さらに記念局や体験運用臨時局で使用するハンドマイクロホンは飛沫から守るように不織布をかけていた。


来場者はすべて消毒と検温を受ける。換気のためにホールのドアは開放されていた。無線機のハンドマイクロホンも不織布でカバー

式典には来賓が招待されたが、JARD(一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会)専務理事の坂本純一氏と、JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)会長の鈴木 昭氏はオンラインで参加し、画面を通じて挨拶を行った。


式典で挨拶する木村時政JARL東海地方本部長(JA2HDE)


JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)会長の鈴木 昭氏はオンラインで出席し祝辞を述べた

また「支部と語る会」ではZoomウェビナーの機能を使って、オンラインおよび会場内にいるパネリストがコメントを述べ、これにオンライン上の一般参加者がテキストを使って質問するという初めての形で進行した。


「支部と語る会」の司会はJARL愛知県支部長の磯 直行氏(JS2LGP es 7L1FFN/2)が行った


「支部と語る会」にオンラインで参加したパネリスト。参加者からもさまざまな意見や質問が届いた

東海QSOコンテストの表彰式もユニークだった。自宅からオンラインで参加した入賞者(会場内のスクリーンに表示)には、カメラマンが賞状の授与シーンを撮影・配信し、あたかも会場で賞状を受け取った気分になれるように配慮されていた。


「第60回東海QSOコンテスト」入賞者の記念撮影(一部)


会場に来られず自宅からオンライン参加した入賞者にはカメラマンが動画を撮影。バーチャルで賞状を受け取ることができた(右下が配信された画像)

14時30分から始まった3つの講演もオンラインで配信された。このうちアイコムの講演は新製品のD-STAR対応144/430MHz帯ハンディ機「ID-52」の特長を大阪から詳しく紹介。講演終了後は実行委員会がZoomウェビナーの投票機能を使って、参加者に「このID-52をぜひ買いたいと思うか?」というアンケートを実施する一幕もあった。


アイコムは大阪・日本橋のギガラボから「ID-52の魅力」を講演した


配信された「ID-52の魅力」のプレゼンテーション画面


講演終了後、実行委員会がZoomウェビナーの投票機能を使ってオンライン参加者に「ID-52を買いたいか」をアンケート。70%の参加者が“買いたい”と回答した

また総務省東海総合通信局は会場から「昨今のアマチュア局制度改正について」を講演。1.9MHz帯SSBモードの届け出方法も記載例を交えて詳しく説明。続いてJARDが「ハイパワー局(200W超局)の新スプリアス対応について」を東京からオンラインで講演した。


総務省東海総合通信局は会場で講演を行った


JARDは東京からオンラインで「ハイパワー局(200W超局)の新スプリアス対応について」を講演


東海ハムの祭典特別記念局「8J2TKI/2」の運用コーナー。IC-7300MとIC-9700で精力的にオペレート

このほか会場4階のロビーには、特別記念局の「8J2TKI/2」が設置。IC-7300MとIC-9700を使ってアクティブに運用を行ったほか、東海エリア初の運用体験臨時局「8J2YAA/2」も開局し、ハム試験を受験したばかりという無資格者の男性が木村本部長の指導を受けながらマイクを握り、パイルアップを受けるシーンが見られた。

実行委員会は「この度の私たちの大冒険にご理解いただき、開催に向けてご指導とご支援そしてご協力いただいた多くの皆さま、そして全国各地からご参加いただいたアマチュア無線家の皆さまに心より御礼申し上げます。私たちは大冒険ができたことに至極の喜びを感じています。ありがとうございました」とコメントを表明している。

2020年9月号トップへ戻る

次号は 12月1日(火) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部