Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

日本無線協会、令和2年度のアマチュア無線技士国家試験日程を発表

無線従事者国家試験を実施している公益財団法人日本無線協会は、このほど令和2年度(2020年度)の各級アマチュア無線技士国家試験の日程を発表した。今年は東京オリンピック・パラリンピック開催の関係で、例年とは異なる日程もあるので注意が必要だ。


日本無線協会が発表した「令和2年度 第一級及び第二級アマチュア無線技士国家試験案内」より

発表された内容によると、令和2年度(2020年4月1日から2021年3月31日)に行われる第一級および第二級アマチュア無線技士の試験日程は次のとおり。例年行われる8月期の試験がなく、9月期に開催されることが正式に発表された。

★第一級アマチュア無線技士の試験日(点字の試験を含む):
・4月期: 4月4日(土)
・9月期: 9月27日(日)
・12月期: 12月5日(土)

★第二級アマチュア無線技士の試験日(点字の試験を含む):
・4月期: 4月5日(日)
・9月期: 9月26日(土)
・12月期: 12月6日(日)

★試験地:
東京都、札幌市、仙台市、長野市、金沢市、名古屋市、大阪市、広島市、松山市、熊本市、那覇市

★申請書の受付期間(書面申請):
・4月期: 令和2年2月1日(土)から20日(木)まで
・9月期: 令和2年7月1日(水)から20日(月)まで
・12月期: 令和2年10月1日(木)から20日(火)まで
 ※インターネットによる申請の受付期間は、曜日にかかわらず受付月の1日から20日まで

★試験手数料および受験票等送付用郵送料:
・第一級アマチュア無線技士:9,663円(4月期は8,963円)
・第二級アマチュア無線技士:7,863円(4月期は7,463円)
 ※令和2年度の国家試験から試験手数料が改定された。

なお令和2年度の第三級および第四級アマチュア無線技士の国家試験は、東京都、札幌市、仙台市、長野市、新潟市、長岡市、金沢市、名古屋市、静岡市、大阪市、広島市、松江市、岡山市、松山市、高知市、高松市、徳島市、熊本市、鹿児島市、福岡市、大分市、北九州市、那覇市で開催される(開催回数や日程は地域によって異なる)。

このほか、第三級および第四級アマチュア無線技士の国家試験は、東京都中央区晴海の同協会本部で毎月第3日曜日を基本に「当日受付」の試験が行われている(当日の先着順で受験可能。事前受付は行われない)。しかし令和2年度は8月と10月の開催がなくなった。

さらに大阪府池田市で開催される「関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2020)」に合わせて、7月18日(土)に池田市カルチャープラザで当日受付の臨時試験が実施される予定だ。さらに「ハムフェア2020」に合わせて10月31日(土)に東京ビッグサイト6階会議室で臨時試験が行われる。

これらの国家試験開催と受験申し込み方法などは、日本無線協会による次のPDFファイルで案内されている。

・令和2年度 第一級及び第二級アマチュア無線技士国家試験案内
 http://www.nichimu.or.jp/kshiken/pdf/ama1-2.pdf

・令和2年度 第三級及び第四級アマチュア無線技士国家試験案内
 http://www.nichimu.or.jp/kshiken/pdf/ama3-4.pdf

2020年2月号トップへ戻る

次号は 8月17日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部