Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

「HAMtte交信パーティー2022冬」開催

JARD(一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会)が主催する恒例の交信イベント、「HAMtte交信パーティー2022冬」が、1月8日(土)から1月23日(日)までの16日間、3.5/7/21/50/144/430MHz帯アマチュアバンドの各モードで開催される。

「HAMtte」と「HAMtte交信パーティー」について

JARDは、主催するアマチュア無線技士養成課程講習会の修了者(合格者)を対象とした無料の交流組織「HAMtte(ハムって)」を2016年8月に結成した。メンバーは免許取得直後の初心者が大部分を占め、インターネット上に設けた専用サイトで掲示板やミニブログなどを使った相互交流や、サポーター役のOM局からのさまざまなアドバイスを受けながら、アマチュア無線の運用スキル向上を図っている。会員数は2021年11月末現在で12,450名となっている。


JARD受講者交流サイト「HAMtte」トップページ。12,000名以上の会員が相互交流を楽しんでいる

HAMtteでは、毎年3回(1、5、8月)、「HAMtteメンバー同士」および「HAMtteメンバーと一般アマチュア局」、「一般アマチュア局同士」の交流を促進する交信イベント「JARD HAMtte交信パーティー」を実施している。このほど2022年の1回目となる「JARD HAMtte交信パーティー2022冬」の開催概要が明らかになった。

この交信イベントには一般局も参加が可能だ。開催期間中、HAMtteメンバーの1局以上と交信し書類を提出した局は、抽選で10名に特製コールサインプレートが当たる「コールサインプレート賞」の抽選権利が得られる。さらにHAMtteメンバー2局以上を含む、異なる20局以上と交信し書類を提出した局は「20局賞」として、毎回異なる「HAMtteロゴ入りノベルティグッズ」がもれなく贈呈される。


賞品の「コールサインプレート」のサンプル。開催期間中にHAMtteメンバーの1局以上と交信し、書類を提出した局の中から抽選で10名に当たる


HAMtteメンバー2局以上を含む、異なる20局以上と交信し書類を提出した局に贈呈される「HAMtteロゴ入りノベルティグッズ」は毎回異なる物が作られている

HAMtte交信パーティーの参加者は年々増加している。今年8月に開催された「HAMtte交信パーティー2021夏」では過去最高となる526名(うち一般305名、HAMtte会員221名)から書類提出があり、そのうちメンバー2局以上を含む20局と交信したのは465名だった。そのほか、最近の書類提出者数は下表の通り。


開催期間中はJARDのクラブ局(JO1ZRD、移動する局)が4エリアから移動運用を行うほか、アイコム株式会社など無線機器メーカーのクラブ局も「メンバー局」としての参加(運用)が計画されている。さらに1月10日(月・祝)、15日(土)、22日(土)には東京都豊島区のJARD本部内にある「JARDハム教室」で、メンバーの交信初心者が指導を受けながらHAMtte交信パーティーに参加する「初心者交信教室」での運用も計画されており、現在、その参加者募集が行われている。

「HAMtte交信パーティー2022冬」の開催概要

今回開催される「HAMtte交信パーティー2022冬」の概要を下記に紹介する。



「JARD HAMtte 交信パーティー2022冬」 開催内容とルール(概要)

◆開催日時:
2022年1月8日(土) 00時00分 ~ 1月23日(日) 23時59分59秒

◆参加資格、交信対象局:
HAMtteメンバー、およびHAMtteメンバー以外のアマチュア無線局(日本国内の個人局)
※HAMtteのIDを保有する、JARD養成課程講習会講師等もHAMtteメンバーとします。
※JARDが開設するクラブ局(JO1ZRD)もHAMtteメンバーとします。
※HAMtte内コーナーでの情報発信のためHAMtteのIDを保有しているアマチュア無線機器メーカー等および関連団体・官庁のクラブ局等、さらにJARDが特に参加を認めたクラブ局(HAMtte内でコールサインを公表)もHAMtteメンバーとして参加可能です。
※HAMtteメンバー、メンバー以外のいずれも個人局のゲストオペレーターによる運用は不可。

◆周波数帯:
3.5/7/21/50/144/430MHz帯
※上記周波数帯にあるレピータの使用や、インターネット回線経由の交信も可とします。ただし長時間の占有にならないよう、1つの交信で終わるなどの留意をお願いします。
※レピータやインターネット回線を使用しない通常交信においては、JARL制定コンテスト周波数を使用してください。
※参加局が運用情報(周波数、運用日時など)をインターネット等で告知することも認めます。
※前々回から「HAMtteメンバー局の運用推奨周波数」は廃止いたしました。JARL制定の「コンテスト使用周波数帯」の範囲で、他局に混信を与えないことを確認の上で運用してください。

<HAMtteメンバー局の運用推奨タイム(期間中の毎日)>
・7時30分~
・10時~
・12時30分~
・18時~
・20時30分~
・21時30分~
※「運用推奨タイム」は、全国にいるHAMtteメンバーと出会いやすくするため便宜的に設けたもので、これ以外の周波数や時間帯での交信も自由です。

◆電波型式:
参加局に免許されている全モード

◆CQ呼び出し:
「CQ ハムってパーティー」(モールス交信等は「CQ HMT」)
※HAMtteメンバー局はCQ呼び出しの際、適宜「こちらはメンバー局です」(モールス交信等の場合は自局のコールサインの後に/HMT)と付け加えてください。

◆送信するコンテストナンバー:
(1) HAMtteメンバー
・音声交信の場合: RSなどの信号リポート+HAMtte(ハムって)
・モールス交信等の場合: RSTなどの信号リポート+HMT
【例】「59ハムって」、「599HMT」

(2) HAMtteメンバー以外のアマチュア無線局(日本国内の個人)
・音声交信の場合: RSなどの信号リポート+JARL制定の都道府県番号(北海道は01)
・モールス交信等の場合: RSTなどの信号リポート+JARL制定の都道府県番号(北海道は01)
【例】「5910(東京都の局の場合)」、「59910(同)」

◆交信数のカウント:
・異なる局との交信を「1」としてカウント。
※同一局との交信は、周波数帯や交信日時が異なっても最初の1回のみ有効です。
※多くの局と交信された場合も、交信局数に応じた順位づけや表彰等は設けません。

◆遵守事項:
・バンドプラン等、電波法を遵守すること。
・規約を遵守しなかった場合は20局参加賞贈呈や賞品抽選の対象外とします。

◆参加賞、賞品(すべての参加者共通):
①コールサインプレート賞
期間中、HAMtteメンバー1局以上と交信し書類を提出された方を対象に、抽選で10名様に特製コールサインプレートを贈呈

②20局賞
期間中、HAMtteメンバー2局以上を含む、異なる20局以上と交信し書類を提出された方全員に、HAMtteのロゴ入りノベルティグッズ贈呈。コールサインプレート抽選権も得られる。
※HAMtteメンバーとの交信が1局も記載されていない書類を提出された場合は、上記①②の対象にはなりません。

◆提出書類:
JARL制定のサマリーシート・ログシートに準拠したものを使用し、必ず書面をJARDに提出してください。
※提出書類をPDF化し、電子メールに添付しての提出も可能です。
※メール本文にデータのみを記載して提出するなど、所定の様式での提出でない場合は、再度提出をお願いします。
※書類提出はコールサインに限らず1人1通に限ります。

◆書類の送り先:
・郵送の場合(郵便番号と名称のみで届きます)
〒170-8088 JARD
HAMtte 交信パーティー 2022冬 書類係

・PDF化した書類を電子メールで提出する場合 hamtte-smry@jard.or.jp
※必ず件名に「交信パーティー2022冬 書類(提出者コールサイン)」を記載
※メール本文に、提出者の住所、氏名、コールサイン、連絡先電話番号、メールアドレスを付記

◆書類締め切り:
2022年2月25日(電子メールを含め当日到着分までが有効)

◆結果発表:
審査・抽選終了後、賞品当選者をHAMtteのサイト内で2022年3月20日を目処に発表

◆その他:
・HAMtteメンバー向けとして、HAMtte掲示板内に「HAMtte交信パーティー掲示板」を開設いたします。メンバーの皆様の運用予定の告知など情報交換にお使いください。
・今回も期間中に、JARDのクラブ局(JO1ZRD)を運用する予定です。
・次回は2022年5月に開催する予定です。

◆問い合わせ先:
JARD HAMtte交信パーティー係 hamtte-pty@jard.or.jp



今回開催される「HAMtte交信パーティー2022冬」のルール詳細と提出用書類のフォーマット、提出書類の書き方は、 HAMtteのコンテスト案内ページ(非会員も閲覧可能)に掲載されている。参加前に必ず参照していただきたい。

2021年12月号トップへ戻る

次号は 2月 1日(火) に公開予定

サイトのご利用について

©2022 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部