Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JAIAのリニアアンプ基板、JF7ELG 木幡さんが頒布

日本のアマチュア無線機器メーカー9社で構成する業界団体、日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)の技術委員会は昨年秋、「ハムフェア2021」(コロナ禍で開催中止)会場で予定していた講演「144MHz帯 20Wリニアアンプ 自作大研究」に関する動画と、「JAIAmp-144T20」と命名した同リニアアンプを製作する場合に役立つ資料(講演資料、部品表、回路図、基板シルク図、CADデータ、取扱説明書など)を公開した。さらにSASEで請求した人を対象に、プリント基板の無料配布(在庫限り)も行った。(2021年12月号のニュースコーナー参照)


JAIA技術委員会が昨年10月に公開した動画「144MHz帯20Wリニアアンプ 自作大研究 ~JAIAmpって何だ?!~」は、現在もYouTubeのJAIA公式チャンネルで見ることができる

「JAIAmp-144T20」はアマチュア無線家の間で話題となり、今年2月にアマチュア無線専門誌が詳細な製作記事を特別企画として掲載したことから、JAIAが枚数限定で用意していたプリント基板は在庫が払底、2月22日をもって受付終了となり、その後は入手できない状態になってしまったという。


組み立てを完了した「JAIAmp-144T20」(JAIA公開資料より)

こうした状況から千葉県のJF7ELG 木幡さんは、JAIAの許諾を得て、公開されているCADデータをもとにした「JAIAmp-144T20」のプリント基板を作成・販売することを決め、このほど自身のホームページ上で予約受け付けを開始した。価格は1枚1,000円(送料別)。JAIAが無料配布したものと配線パターンは同じだが、識別しやすいようにソルダーレジストが青になる予定という。


木幡さんがJAIAの許諾を得て頒布する「JAIAmp-144T20」のプリント基板(サンプル)。ソルダーレジストは青になる予定

木幡さんのホームページの案内から、一部を抜粋で紹介する。



JAIAmp-144T20 プリント基板(予約受付)

JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)様よりWebで公開しているCADデータを使用してJAIAmp-144T20(144MHz用20Wリニアアンプ)のプリント基板作成と販売の承諾を頂きましたのでプリント基板を販売できることになりました。

JAIA様が無償頒布したものと配線パターンは同じですが、識別しやすいようにソルダーレジストが青になる予定です。

JAIAmp-144T20についてはJAIAのWebページ「144MHz帯20Wリニアアンプ 自作大研究」に詳細な資料が公開されています。2022年2月19日発売の「別冊CQ ham radio QEX Japan No.42」に製作記事が掲載されています。

発送は3月中旬ごろを予定していますので,あらかじめご承知おきください。商品の準備ができましたら入金確認できた順に随時発送いたします。(発送時にメールにてご連絡いたします)

販売予定数が無くなり次第終了です。



併せて木幡さんは「JAIAmp-144T20」の“部品セット”(電子部品だけでなく、線材、ネジ類、アルミ板、熱伝導グリスをセット。ただしプリント基板は含まない)の限定頒布も行っている。価格は7,480円(送料別)。こちらの予約受付は3月20日で締め切られる。話題になった「JAIAmp-144T20」の製作を考えている人には逃すことができないチャンスだろう。


木幡さんが「JAIAmp-144T20」のプリント基板頒布、部品セット頒布を行っているWebサイト「JF7ELG Net-Shop」

木幡さんによる「JAIAmp-144T20」のプリント基板頒布、部品セット頒布の詳細は、JF7ELG Net-Shopに掲載されている。

2022年3月号トップへ戻る

次号は 9月 1日(木) に公開予定

サイトのご利用について

©2022 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部