Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

JAIAコーナー

144/430MHz デュアルバンドFMトランシーバー

IC-S10/IC-T10 (アイコム株式会社)

希望小売価格 28,380円(税込)

アイコム株式会社は、144/430MHzデュアルバンドFMトランシーバー・IC-S10(シンプルモデル)/IC-T10(テンキーモデル)を3月下旬に発売した。


IC-S10


IC-T10


IC-S10/IC-T10は、誰でも気軽に使えるシンプルな操作性であるが、優れた基本性能を実現している。送信出力は144/430MHz帯とも余裕の5Wとなっており、スピーカー出力は屋外でも聞きやすい1500mWの大音量で、悪天候時でも安心して運用できる防塵/防水IP67(※1)や、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810G準拠の堅牢ボディとなっている。

また、付属の大容量リチウムイオンバッテリーを使用した運用可能時間は、約11時間(144MHz帯)、約10時間(430MHz帯)となっている。さらに、通常メモリー200ch(+コールチャンネル2、プログラムスキャンエッジ6)、多彩なスキャン機能を備え、FM補完放送に対応したFMラジオ受信機能、セルフィール®による抗菌・抗ウイルス加工された筐体を採用するなど充実した仕様となっている。

●おもな特長
・144MHz、430MHzとも5Wの高出力を実現。
・騒音下でも聞き取りやすい、スピーカー出力1500mWの大音量。
・屋外でも安心して運用できる防塵/防水性能IP67(※1)。
・米国国防総省の調達基準MIL-STD-810G準拠の堅牢ボディ。
・付属バッテリーで約11時間(144MHz帯)(※2)の長時間運用を実現。
・FMラジオ(76~108MHz)の受信に対応。
・セルフィール®による抗菌・抗ウイルス加工。

※1 バッテリーパック、アンテナを正しく装着した状態で、試験用粉塵を1m3あたり2kgの割合で浮遊させた中に8時間放置したのちに取り出して、無線機の内部に粉塵の侵入がないこと。また、バッテリーパック、アンテナを正しく装着した状態で、水深1mの静水(常温の水道水)に静かに沈め、30分間放置したのちに取り出して、無線機として動作すること。
※2 運用時間は、5W出力時において、送信60秒、受信60秒、待ち受け480秒(パワーセーブAUTO)を繰り返し運用した場合の目安。

・セルフィールはニチリンケミカル株式会社の登録商標です。

2022年4月号トップへ戻る

次号は 7月 15日(金) に公開予定

サイトのご利用について

©2022 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部