Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

“アイコムアマチュア無線フェスティバルin秋葉原2017”に560名が来場

アイコム株式会社は3月19日(日)、東京秋葉原の「秋葉原コンベンションホール5階カンファレンスフロアー」にて“アイコムアマチュア無線フェスティバルin秋葉原2017”を開催した。共催・協賛企業・各団体の展示、多彩な講演会に加え、今回は前週に発売されたばかりのID-4100や発売間近のIC-R8600、そして5月の発売がリリースされたIC-7610など、話題の製品が揃ったこともあり、来場者は昨年の500名を超える560名となった。


講演を行うアイコム株式会社 代表取締役会長の井上徳造氏(JA3FA)

この日、最初の講演となった井上徳造氏(JA3FA)による「特別講演」は、210脚用意された椅子がほぼ全て埋め尽くされる盛況となった。特別講演に続いて開催されたIC-7610の講演会も、3月16日に正式リリースされたばかりということもあり注目度が高く、こちらもほぼ満席。熱心に聞き入るだけではなく、メモを取る来場者の姿が多く見られた。

さらに、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)会長/髙尾義則氏(JG1KTC)による講演、アイコム株式会社によるD-STAR<DVゲートウェイ機能>、一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)による<新スプリアス対応>について、日本ボーイスカウトアマチュア無線クラブによる<ご支援感謝報告>など多彩な講演会が開催された。また、シンガーソングライターMasacoさん(JH1CBX)のトークショーも行われ、ここでしか聞けない月刊FB NEWSの裏話や取材のエピソードが披露され、来場者の笑いを誘っていた。


午前と午後の2回開催されたIC-7610の講演会は、いずれもほぼ満席。期待の高さをうかがわせた


各講演会の様子、JARL会長髙尾氏(写真左上)、アイコム(写真右上)、JARD(写真左下)、ボーイスカウト日本連盟(写真右下)による講演会の様子


Masacoさんのトークショーでは、月刊FB NEWSの裏話が披露された

講演会の会場と同様に、熱気に包まれていたのが、IC-7610:2台、IC-7851:2台、IC-7300:3台、IC-R8600:1台が実動展示された「HF機視聴コーナー」。IC-7610については、説明員によると、IC-7300やIC-7600との違いに関する質問が多かったとのこと。メイン/サブ同一性能の独立した受信回路とオートマチックデジタルプリセレクター、RMDR特性、ダイレクトサンプリング方式等の説明を受け、実機に触れることで、IC-7610に心を動かされた来場者も多かったようだ。

また、IC-7610だけではなく、IC-7300やIC-7851も相変わらず注目度が高く、会場では順番待ちをする来場者の姿が多く見られた。ただ、ランチタイムなど、比較的空いている時間を選べば、椅子に座ってじっくりと操作し、マンツーマンで説明を受けることができていたようだ。ハムフェア等のイベントとは違い、じっくりと時間をかけて操作し、検討できるのも、アイコムアマチュア無線フェスティバルの魅力の1つと言えるだろう。


空いている時間を選べば、座ってじっくりと操作することも、マンツーマンで説明を受けることもできる

展示・デモコーナーには、コメット株式会社/第一電波工業株式会社/LUSO/株式会社GHDキー/CQ出版株式会社/月刊FB NEWS/一般社団法人 日本アマチュア無線連盟/一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会/公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟/FMぱるるんが出展。多彩な展示やデモで、来場者の注目を集めていた。また、Masacoさん(JH1CBX)や水田かおりさん(JI1BTL)、松田百香さん(JI1NYO)など、著名なYL局の参加が多く、イベントに華を添えていた。


アイコム、共催各社、団体による展示・デモコーナーの様子


アイコムのコーナーでは、発売されたばかりのID-4100が3台、バックライトの設定カラーを変えて展示されていた


共催各社、団体の出展により、内容の濃い充実したイベントとなった


月刊FB NEWSのコーナー(写真左)。CDを購入していただいた方ひとりひとりに丁寧にサインするMasacoさん(写真右)


FMぱるるんの公開収録も行われ、井上徳造氏、Masacoさんがゲストで出演

イベントの最後を締めくくるのは、今回も無線機が当たる「お楽しみ抽選会」。会場の席は全て埋まり、立ち見が出るだけでなく、通路にまで参加者であふれる大盛況となった。主催のアイコムだけではなく、共催各社からも様々な景品が提供され、いやがおうにも参加者の期待は高まった。

当選者が発表される度、会場は外れた来場者のため息に包まれたが、免許をまだ持っていない若いYLさんにID-31が当たった時だけは、会場から温かい拍手が起こっていた。アマチュア無線が「もっと若い人にも広がって欲しい」、そんなOM各氏の共通の想いを感じた瞬間だった。


華やかに開催された抽選会。用意された席は全て埋まり、通路にも来場者があふれる盛況ぶりだった

2017年4月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2017年10月号」は 10月2日(月)と16日(月)に公開予定

サイトのご利用について

©2017 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部