Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

「アマチュア無線フェスタ2017 JARD in 秋葉原」に500名を超える参加者

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は11月26日(日)に東京・秋葉原で「アマチュア無線フェスタ2017 JARD in 秋葉原~HAMtteまつり~」を開催し、500名を超える参加者で賑わいを見せた。


満員の講演エリア風景


開会あいさつを行った三木JARD会長(JA1CIN)

JARDは2015年から毎年この時期に、秋葉原にある民間の会議施設(秋葉原コンベンションホール)で、JARDの業務PRを兼ねたアマチュア無線イベントを開催している。3年目となる今回は、ベテランからこれから資格取得に挑戦する入門者まで多くの人に楽しんでもらえるよう、展示や講演内容に趣向を凝らして実施した。

その1つが、今年で日本の南極観測が60周年を迎えたことを記念する「南極観測」に関連した展示と講演だった。会場内のサイエンスエリアには南極観測経験者の集まりである「南極OB会」のアマチュア無線クラブがブースを出展、南極に関するパネル展示や南極の氷や岩、観測隊が使用する防寒服などを展示した。


南極OB会アマチュア無線クラブのブースでは南極観測関連の資料、写真などが多数展示された


珍しい南極の氷と岩も展示された

午後からの講演タイムでは、昭和基地とインターネットの映像回線で結び「南極観測隊の今、基地の仕事と生活」と題した講演を、第58次日本南極地域観測隊員の吉川隊員(JG2MLI)が昭和基地のJARL局、8J1RLのシャックから行って注目を集めた。


南極・昭和基地の吉川隊員(JG2MLI)がインターネット回線を使って「南極観測隊の今、基地の仕事と生活」の講演を行った

さらにサイエンスエリアには、一般社団法人電子情報通信学会100周年記念局である8J100EICのリモート局(アイコム・RS-BA1を使用)が設置され、東京都武蔵野市のシャックに設置されたIC-7300Mをインターネット回線経由で遠隔操作し、HF~50MHz帯の各バンドで運用を行ったほか、午後からは14MHz帯と21MHz帯で南極昭和基地の8J1RLとの交信にも挑戦。8J1RL側で受信する模様は会場内でライブ映像としても流され、来場者は交信の成否を興味深く見守ったが、残念なことにコンディションが悪く交信は成立しなかった。


電子情報通信学会100周年記念局の8J100EICをリモート運用するコーナー


14MHz帯CWで昭和基地の8J1RLとの交信に挑戦したが、残念ながら果たせなかった

また講演エリアでは、NHK解説主幹で朝の人気情報番組「あさイチ」にレギュラー出演している柳澤秀夫氏(JA7JJN)による「テレビの舞台裏」というユーモアあふれる内容の講演が注目を集めたほか、流行中のドローン(小型無人航空機)のアマチュア無線活用について、一般社団法人 日本ドローン無線協会(JDRI)代表理事の酒井淳一郎氏が「ドローンの楽しみ方とアマチュア無線」として講演、第一電波工業の小林 航氏による「アンテナ利得の捉え方」という講演が行われ、空席がほとんどない混雑状態が終日続いた。


NHK解説主幹の柳澤秀夫氏(JA7JJN)は「テレビの舞台裏」をテーマに講演した


一般社団法人 日本ドローン無線協会(JDRI)代表理事の酒井淳一郎氏による講演「ドローンの楽しみ方とアマチュア無線」


第一電波工業の小林 航氏による「アンテナ利得の捉え方」の講演

また今回のイベントでは、JARDが主催する養成課程講習会の修了者で組織する受講者交流サイトの「HAMtte(ハムって)」メンバー向けのエリアが設けられ、初心者向けの「開局テクニック」「モールス通信入門」といったセミナーが開催された。さらにHAMtteのメンバー同士が初めてのアイボールQSOを楽しむ交流会も開催された。


「初心者のためのモールス通信セミナー」を開催


女優の松田百香さん(JI1NYO)の司会で、JARD受講者交流サイトのメンバーが初のアイボールQSOを体験

このほか会場内には広い「展示エリア」が設けられ、JAIA(日本アマチュア機器工業会)加盟のアマチュア無線機器メーカーなど6社、グッズや書籍類を販売する4社、アマチュア無線クラブや関連団体、官庁などの5団体がブースを出展した。このうちアイコムのブースでは新製品のHF+50MHz帯トランシーバーのIC-7610やD-STAR対応トランシーバーを中心としたラインアップが展示され、来場者の関心を集めていた。


賑やかな展示コーナーの模様


アイコムはIC-7610、IC-7300、D-STAR対応トランシーバーを展示


JLRS(Japan Ladies Radio Society)は多数のメンバーが集合、ブースに設置した創設60周年記念局の8N60JLRSを運用した


子供向け電子工作教室の模様。モールス通信機やFMラジオの製作を行った

イベントの最後には、ハンディトランシーバー4台をはじめ、さまざまな賞品が当たる「お楽しみ抽選会」が、女優でJARDのアマチュア無線ナビゲーターを務める松田百香さん(JI1NYO)の軽妙な司会で行われ、当選者が決まるたびに盛り上がりを見せた。


お楽しみ抽選会の模様

2017年12月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2019年1月号」は 1月7日(月)と18日(金)に公開予定

サイトのご利用について

©2018 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部