Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JARL「第8回定時社員総会」を開催

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は6月23日に東京都新宿区で「第8回定時社員総会」を開催した。


JARL「第8回定時社員総会」の会場風景

JARLは2011年に社団法人から一般社団法人へ移行したのを機に、毎年5月に全国持ち回りで行ってきた全会員(正員)が参加できる「通常総会」をやめ、各支部および各エリアから選ばれた「社員」(定数138名)による「社員総会」を毎年6月に東京で開催するようになった。

今年は6月23日(日)に東京都新宿区の民間会議施設「ベルサール西新宿」で開催され、120名を超える社員が約4時間にわたりJARLの予算と決算、運営について真剣に討議した。

開会の挨拶に立ったJARLの髙尾義則会長(JG1KTC)は「社員総会は社員の皆様といろいろと重要な課題について意思統一を図る場でもあります。建設的な議論のもとに皆様と理解を共有できれば大変嬉しく思います。本日の社員総会を通しまして、連盟の将来、展望が開かれることを願っています」と述べた。


開会挨拶をする髙尾JARL会長(JG1KTC)

続いてこの1年間(平成30年4月1日から平成31年3月31日)に会員増加が顕著だった支部や会員増強企画で成果があった支部などが表彰された。さらに今回は、自社で働く従業員へJARL入会を独自かつ積極的に勧奨し、この1年間で108人の新規入会者があったアイコム株式会社が特別表彰を受けた。


独自の取り組みで新規入会に貢献したアイコム株式会社が特別表彰を受けた

13時19分から議事に入り、まず議長団(議長:JA1STY 鈴木氏、副議長:JA8DKJ 三井氏)が指名され、出席社員数を確認する総会成立審査が行われた。

議決権を有する社員総数:129名
議決権の数:129個
12時50分現在の出席社員数:113名
議決権行使書面の出席社員:5名
委任書面による出席社員:3名
出席社員合計:121名

この出席社員合計数は、定款に規定された「議決権を有する社員の過半数」(65名)を超えているため総会成立が宣言された。

今回の第8回定時社員総会では、第1号議題として「平成30年度決算の件」、第2号議題として社員有志が提案した「理事髙尾義則及び理事日野岳充 解任の件」の2つが討議され、その後、採決を伴わない報告事項として「平成30年度事業報告」「令和元年度収支予算」「令和元年度事業計画」の3つが説明され、質疑応答が行われた。

第1号議題の「平成30年度決算の件」では、JARLは平成30年度に約4,000万円の赤字となる予算を組んでいたが、決算では赤字幅が拡大し約8,000万円の赤字となったことや、赤字補填のために資産(過去の積立金などの内部留保)の取り崩しを続けていること、見込み通りの新規会員獲得ができなかったことに質問が集中した。

JARL側からは「お金の支出がない減価償却費や退職給付費用などを除外すれば赤字は約4,700万円で前年度よりも改善されている。内部留保の取り崩しも改善を図ってきた」「支出が止まらないというよりは、収入減が止まらないという状況にある」とした上で、「現在の会員サービスは続けながら、できるだけ早く収支均衡できるように努力を続けていく」と説明があった。15時03分、社員からの質問が出尽くしたところで挙手採決が行われ、計数の結果、第1号議題は賛成71、反対52、保留3で原案通り可決した(この時点での議決権行使書を含む出席社員数は126)。


全国から約120名の社員が会場に集まった

第2号議題の「理事髙尾義則及び理事日野岳充 解任の件」は、17名の社員が連名で提案したもので「JARL存続の危機」「見せかけの会員ファースト」「現執行部によるずさんかつ独善的な団体運営」という3項目を挙げ、会長である髙尾理事と専務理事である日野岳理事の責任を追及し解任を求めるという内容だ。

JARL側はこれらの指摘に「決算は監査を受けており適正」「会長と専務理事の職務執行に不正行為や法令違反はない」「理事会では必要な報告を行い、出席理事の意見も聞いており一方的ではない」と説明し、社員からの質問に回答を行った。15時55分、質問が出尽くしたところで挙手採決が行われ、第2号議題は反対多数で否決された。


約4時間にわたり真剣な討議が行われた

続く報告事項の「平成30年度事業報告」「令和元年度収支予算」「令和元年度事業計画」は一括で説明が行われた。令和元年度事業計画では、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの特別記念局を東京都内に設置して運用を行う計画があるほか、この期間に海外から来訪するアマチュア無線家が日本で運用するための条件緩和を当局に働きかけていくことが説明された。またローバンドの拡大や5MHz帯アマチュアバンドの開放は積極的な働きかけを継続していくという説明もあった。

続いて報告事項に関する質疑応答を行い、第8回定時社員総会は17時10分にすべての審議を終了した。

2019年7月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2019年10月号」は 10月1日(火)に公開予定

サイトのご利用について

©2019 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部