Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

日本に新しいIOTA番号(AS-206P)が付与される

現在IOTAでリファレンス番号が付与された島は、世界に1100以上あります。そのうち日本には26の島があります。(尖閣諸島は除く(運用実績がないため))

IOTA委員会は5年ごとにIOTAリファレンス番号の見直しを行っており、本年2019年がその改定年になります。このたび「本州沿岸の島を2分割する」とのIOTA委員会から発表があり、日本へ新しいIOTA番号(AS-206P)が付与されました。

今回新たに日本に割り振られたAS-206Pは、JA0/JA1/JA2/JA7エリアに属する東日本の本州沿岸の島に割り当てられ、従来のAS-117はJA3/JA4/JA9エリアの西日本の本州沿岸の島になりました。AS-206Pからの運用は、2019年6月22日からの運用が有効ですが、末尾にP「Provisional(仮)」が付加された番号割り当てのため、今後5大陸1,000局以上との交信がなされ、運用の証明に関する必要な書類がIOTA運用認証チームに提出された後、運用開始日30日後に正式なIOTA番号として認められます。(AS-206P→AS-206となる)

今後、AS-206に対象の島からの運用を計画される方は、ぜひ、運用中にリファレンス番号(AS-206)を送出するなどして、PRしてみませんか? 世界中からのパイルアップを受けられるかも知れません。

次回のIOTAリファレンス番号の見直しは5年後の2024年に予定されています。AS-206の運用実績が多くなれば、さらに本州沿岸の島の分割が可能になるかも知れません。大いに日本のIOTAアクティビティをPRしましょう。

2019年7月号トップへ戻る

次号は 12月2日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2019 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部