Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)が「第47回定時総会」を開催

日本のアマチュア無線機器メーカーで組織する団体、「日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)」の第47回定時総会が、5月25日に神奈川県横浜市中区のメルパルク横浜で開催された。


JAIA第47回定時総会後の記念写真

JAIAは1971(昭和46)年に発足。国内の主要アマチュア無線機器メーカーによる正会員(9社)と、全国のアマチュア無線機器販売店による専門会員(131店)で構成され、正会員による魅力あふれた商品の創造と、さまざまな委員会活動はアマチュア無線の発展に寄与し、専門会員によるアマチュア無線技士養成課程講習会の事務一部代行業務は、新しいアマチュア無線従事者の育成に寄与している。

この日の定時総会では、第46期(平成28年度)の事業報告と決算案、第47期(平成29年度)の事業計画と予算案が審議され、いずれも原案通り承認可決された。

定時総会終了後には、JARLやJARDなどの業界関係者を招いた懇親会が開催された。


懇親会開会の模様

挨拶に立ったJAIAの相神一裕(あいがみかずひろ)会長は、「JAIAはメーカー団体なので、新しい製品を出してユーザーの皆さんに喜んでいただくことはもちろん、若い方が面白いと感じたり、アマチュア無線の存在に気付いてもらえるように、いろいろな仕掛けを打ち出していきたい。また、アマチュア無線は趣味としてだけでなく、皆さんの安心安全にも貢献できると思う。会員各社と意見交換をしながら、アマチュア無線をさらに盛り上げいくため、一丸となって頑張りたい」と意気込みを語った。


挨拶に立ったJAIAの相神会長

来賓として参列したJARLの髙尾義則会長は、「アマチュア無線を多くの方が楽しむようになった背景には、JAIAの皆さんによるいろいろな働きや、業界統一とリーダーシップがあった。養成課程講習会にも積極的に取り組み、毎年多くの新人を育てていただいている。JARLは有用な通信手段でもあるアマチュア無線を、若い方に知っていただくことが社会的な使命と考え、22歳以下のお試し入会キャンペーンなどの施策を始めている。ぜひ皆さんのお力添えをお願いしたい」と述べた。


来賓として挨拶するJARLの髙尾会長

またJARDの坂本純一専務理事は、乾杯の挨拶の中で、「日頃、JAIAの皆さんに養成課程講習会で協力をいただいていることにお礼を申し上げたい。平成28年度の開催回数は全国で1割程度減少したが、今年度はさらなる取り組みを進めていく。今後はインターネットを通じたeラーニングが主流になっていくだろう。JAIA専門会員の皆さんとの連携を十分に行って、前向きな方向で進めていきたい」と述べた。


乾杯の発声はJARDの坂本専務理事が務めた

2017年6月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2018年1月号」は 1月5日(金)と15日(月)に公開予定

サイトのご利用について

©2017 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部