Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

「JARLアイボールミーティング」が開催される

12月8日、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は東京・千代田区のホテルで「2016JARLアイボールミーティング」を開催し、総務省や関連団体、JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)をはじめとする業界関係者、JARL関係者など多数が出席した。挨拶を行った来賓からは青少年のアマチュア無線入門者の増加へ期待する声が相次いだ。


「2016 JARLアイボールミーティング」開会の模様

JARLは従来、毎年12月に「JARLアイボールミーティング」を開催していたが、2011年の東日本大震災を契機に中止となっていた。今回この行事が6年ぶりに復活し、業界関係者が一堂に集合した。

冒頭で挨拶に立ったJARLの髙尾義則会長(JG1KTC)は、「アマチュア無線界では若年層の育成が急務。若い方に電波や科学などの啓蒙を積極的に行っていきたい。JARLでは12月から1年間無料の“お試し入会キャンペーン”の対象を22歳まで拡大し、さらに学校クラブ局の補助制度を大学まで延長することも開始した。東日本大震災の際、アマチュア無線はライフラインが寸断する中で唯一の連絡手段として活躍し、有用だという評価を得ることができた。今後もアマチュア無線のPRを続けていきたい」と述べた。


挨拶する髙尾義則JARL会長(JG1KTC)

今回はほかにも青少年への育成に関連した挨拶が相次いだ。来賓としてアイボールミーティングに今回初めて出席した衆議院議員の小渕優子氏(JA1LXG)は、地元の群馬県でARDF選手権が開催され、国内外の青少年から年配者まで多くの参加者が競技を楽しんだことを紹介した上で、「アマチュア無線の良さや重要性を若い方々に理解していただきたいと思います。“理科離れ”という話もありますが、アマチュア無線を通じて小さい頃から皆さんが関心を持っていただければ嬉しく思うところです」「アマチュア無線がより一層普及していけるよう、皆さんと共に力を合わせていきたいと思います」と述べた。


来賓として出席した衆議院議員の小渕優子氏(JA1LXG)

また総務省総合通信基盤局の渡辺克也電波部長は挨拶の中で「“理科離れ”と言われている中、若い方々に無線の技術、電波の技術をいろいろな形で伝えていくため、私たちにできることがあれば対応していきたい」と、総務省として応援する姿勢を表明した。


来賓の総務省総合通信基盤局 電波部長 渡辺克也氏

さらにJAIAの相神一裕(あいがみかずひろ)会長は、乾杯の発声で「我々JAIAもJARD(一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会)と共にアマチュア無線の養成課程の開催をやりながら、最も重要である我々のミッションとして“新製品を常に出し続ける”“夢のある新製品を皆様にお届けする”という使命を持って、今後もアマチュア無線界に貢献していきたい」と述べた。


乾杯の発声で登壇した相神一裕JAIA会長

「JARLアイボールミーティング」はおよそ1時間30分にわたり行われ、出席者らは挨拶や歓談を楽しみ、2017年のアマチュア無線界の発展を念じた、JARL前会長の山之内俊彦氏(JA7AIW)の三本締めで幕を閉じた。


山之内俊彦JARL前会長(JA7AIW)の三本締め

2017年1月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2017年3月号」は 3月1日(水)と15日(水)に公開予定

サイトのご利用について

©2017 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部