Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

JAIAコーナー

デジタル波対応の広帯域レシーバーIC-R8600

コミュニケーションレシーバー

IC-R8600 (アイコム)

価格 228,000円+税

アイコム株式会社は10kHz~3GHzの広帯域を多彩なモードでカバーするIC-R8600を、2017年3月末から販売すると発表した。従来のアナログモード(USB/LSB、FSK、CW、AM、FM/WFM)の他、アイコムの受信機としては初めてデジタル簡易業務無線(DCR)の受信に対応するほか、日本アマチュア無線連盟が推奨するデジタル通信D-STAR®、海外の業務用無線規格NXDN®、dPMR®、P25といったデジタル方式の電波の受信が可能となっている。

また、FPGA(Field-Programmable Gate Array)+DSP方式を採用し、復調をすべてソフトウェアで処理することで、イメージ受信に有利となる回路構成を実現。スペクトラムスコープは、復調部にアナログ回路を含む受信機と比べ、精度、スピードともに大幅に進化している。

さらに、PCからの操作や、LANを経由した遠隔操作にも対応。I/Q出力(ファームアップにて対応)端子も装備しているため、高度な電波解析などの用途にも使用できる。タッチ操作対応の4.3インチカラーTFT液晶は、高速・高精度なスペクトラムスコープとウォーターフォールの実力を引き出す高精細な表示が可能となっている。その他、目的の機能へ素早くアクセスできる3つの多機能ダイヤル、チャンネルネーム(漢字対応)を書き込める2400chの大容量メモリー、多彩なスキャン機能(最大毎秒100ch)、SDカードへの音声録音、信号強度の絶対値表示など、プロユースに応える充実の機能を搭載。IC-R8600は、趣味としての受信のみならず、業務用途の高度な電波監視・分析に必要な性能と機能をも備えた広帯域受信機となっている。

主な特長

  • 10kHz~3GHzの広帯域を多彩なモードでカバー。
  • タッチ操作に対応した4.3インチカラーTFT液晶ディスプレイを採用。
  • デジタル波(DCR、D-STAR®、NXDN®、dPMR®、P25)の受信に対応。
  • 電波状況を視覚化するリアルタイムスペクトラムスコープとウォーターフォールを装備。
  • PCでの操作およびLAN経由による遠隔操作に対応。
  • 信号強度の絶対値表示など、プロユースにも耐える充実した機能群を搭載。

※一部周波数を除く

・D-STARは一般社団法人日本アマチュア無線連盟の登録商標です。NXDNは、アイコム株式会社および株式会社JVCケンウッドの登録商標です。dPMRは、dPMR MoU Associationの登録商標です。

2017年3月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2017年9月号」は 9月1日(金)と15日(金)に公開予定

サイトのご利用について

©2017 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部