Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

広げよう“IOTA”の輪 ~ONE PIECE of IOTA~

その3 IOTAを始めてみませんか?(JR2NMA森本さんより)

JP3AYQ 眞田真由美

こんにちは。JP3AYQ眞田真由美(Mami)です。ご縁あって月刊FBニュースにIOTA関連の記事を連載させて頂きまして、今回は第三回目となります。少しでも多くの方に、IOTAの魅力や楽しみ方を知って頂けるように、私Mamiがキー局となりまして、古くからIOTAを楽しまれている局長さんから新人IOTAチェイサーの方までリレー方式による連載で、IOTAチェイジングのノウハウから、体験談や苦労話・移動レポートなどで繋げて行きたいと思います。


主なハムフェアにはIOTAブースが設けられ、IOTA CPによるQSLカードチェックも行われています。 ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。上の写真は関西ハムシンポジウム2016のIOTAブース
左よりJA3AER,JJ3CIG,JA3PNN,JR3CNQ,JI3DST,JE3AGN,JP3AYQ,JH3GFA,JA9IFF

先月号はJA1QXY花崎さんより、IOTAの歴史あるお話をレポートして頂き、IOTAを長く続ける為のヒントを教えて頂きました。今月はこれからIOTAをやってみようかな?と思って下さっている、JR2NMA森本YLさんにインタビュー形式でお話を伺ってみたいと思います。Kaoriちゃんは無線界ではレアなYL局のお友達です。いつも気さくに仲良くしてもらって感謝しています。とっても可愛い素敵なYLさん。今回も私のワガママを聞いて下さって、快くIOTA入門のインタビューとしてお話を聞かせてもらえる事になりました。どんなお話が聞けるのか大変楽しみです!突撃レポーターはJP3AYQ Mamiが担当します。どうぞお楽しみ下さい。

IOTAを始めてみませんか?

登場人物
レポーター JP3AYQ Mami
お答頂くのは JR2NMA Kaoriちゃん(以後Kaori)

二人の出会いは、SNSのフェイスブック。共通の無線関連グループなどを通して交流が始まりました。関西ハムフェアや関西ハムシンポジウムなどではいつもアイボールして頂いています。


Mami & Kaoriちゃん

Mami: Kaoriちゃん、ご無沙汰しています。関ハムでは楽しいアイボールありがとうございました。いつも元気に移動運用に行っているって噂は聞いていますよ。今回はIOTAの話題でお話を聞かせてくれてありがとう。早速なのだけど、簡単な自己紹介をお願いできますか?

Kaori: JR2NMA 森本かおり Kaoriです。よろしくお願いします。私は2012年6月24日開局です。最初の一年はD-STARのみで、二年目からHFなどいろいろやるようになりました。おうちにはアンテナなど揃っていなかったので、友達に移動運用に連れてってもらい、とっても楽しくって、最初の頃は毎週行っていました。初めての海外との交信は移動運用で50MHzで楽しんいでるときに中国から呼んでもらいました。本格的に海外との交信を始めたのは、2015年2月にDXCC制覇したJJ2ONH 加納さんの刺激を受け、2015年3月29日のDXコンテストからです。

Mami: Kaoriちゃんは確かDXCCも集めていましたよね?今はどんな感じ?新しいエンティティーは増えましたか?リストの管理はどうやっているの?

Kaori: 今はDXCC MIX 75です。DXコンテストで呼びまわっているのがほとんどですが、それ以外にも珍しいの出ているよって教えてもらうと聞いて必死に叫んでいます。6大陸もできて先日WACの賞状貰いました♪12月には念願の一つのOF9Xとの交信もできました♪リストはハムログで管理しています。

Mami: わ~凄い!たくさん集めているのね。さすが、Kaoriちゃん。すぐにDXCC100達成しそう。WACも完成させてサンタクロース局とも交信できたそうで、おめでとう!素敵なクリスマスプレゼントね♪私もログの管理にはハムログを使っています。とっても便利ですよね。ところで、IOTAって聞いた事ありますか?

Kaori: IOTAはMamiさんが集めてね~って何かの時に言ってくれたので、お友達にIOTAってな~に?って聞いてざっくり教えてもらいました。どうやって島からの交信なのかを調べるにはQRZ.comで見るって聞きました。

Mami: 実はね、DXCCを集めていたり、JCCを集めていても、意外とIOTAが集まっている事を知っていた?日本は島国だから、JAだけでも本島と離島を合わせて27のIOTAがあるの。KaoriちゃんならきっとJAのIOTAはたくさん持っているかも?一度カードチェックをしてみない?もし、リストが必要なら用意しますので。

Kaori: 過去に交信してもらった人のQRZ.comを覗いて調べなきゃと思って、止まっています。その人の移動運用場所が変わっちゃうと書いていないのでは?とか疑問は多々ありましたが、それ以来カードも意識してみるようになり、JS3CTQ稲葉さんのカードにもIOTAナンバーが書いてあったので、日本も島だと知りましたが、27もあるのは知りませんでした。IOTAがどれだけあるのか、一覧などはどこでみることができるのかなと思っていたので、リストいただけたらうれしいです。

Mami: そうですよね。確かに、どこから運用している?とかQSLカードにはどんな事が書いてあるの?って分かりにくいですよね。稲葉さんのカードにも書かいてあったと思いますが、QSLの中に「IOTA AS-○○」とか「IOTA OC-××」とか表示があれば、IOTAの島移動って事になります。ただし、IOTAアワードのルールで島名がカードに記入されていないとそれはボツになってしまうのです…

これは私が沖縄の阿嘉島へ移動した時のQSLカードなのだけど、IOTAのヤシの木のロゴマークの下にAS-017 AKA ISLANDと書かれているでしょ?このAKA ISLANDと言う文字が一番大切で、仮にIOTAナンバーが書かれていなくても、島名が記載(プリント)されていればOKなのです。ここが結構勘違いされやすいところではあるのだけど…

前回の記事でIOTAチェイシングを紹介してくれましたJA1QXY花崎さんが分かりやすい地図を作ってくれていますので、ぜひここを参考にしてみてください。
JA IOTAの地図
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ja1qxy/sub20%20japan%20map.html
WW IOTAの地図
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ja1qxy/sub19.html

島のリスト管理は、チェイサーの皆さんそれぞれに工夫を凝らして管理されています。IOTAは1000以上も島があるので、IOTAナンバーごとのリスト管理がとっても大切なの。JN6RZM山本さんが、ブログでIOTAリストの公開をしているので、良かったら一度Kaoriちゃんの持っているIOTAカードをリストに記入してみてね。
http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/2016/12/iota2-5b82.html
こちらのページの②IOTAリスト(エクセル)をダウンロードすると、全IOTAリストが載っています。


Kaoriちゃんが探してくれたIOTAのQSLカードです

Mami: IOTAのQSLカードを探してくれてありがとう!わ~~私のカードがある~超嬉しい!!それにこんなにたくさん。もうKaoriちゃんは立派なIOTAチェイサーね。最近はClubLogを使ったIOTA ClubLogマッチング(*1)も始まったので、今までカード回収が困難だった地域からもIOTAポイントを得やすくなってきたの。それと、IOTAコンテスト(*2)に参加している局と交信してもカードが無くてもコンテストログでポイント獲得もできるの。この最新のシステムを使って、IOTA100アワードを獲得した人ももういるそうなのよ。それに、IOTAは自分が移動した島も1ポイント加算されるシステムだし、移動が大好きなKaoriちゃんにもぜひIOTA移動にもトライしてもらいたいな。そしてもう一つ、例えばKaoriちゃんがJR2NMA/6で沖縄移動運用した時のカードも合算して使えるので、運用場所が日本の中ならどこでもOKなのです。

Kaori: わかりやすい地図をありがとうございます。リストのリンク先も教えて頂いてありがとうございました。たくさんあるのですね~。時間のある時にどれくらいのIOTAが集まっているのか、調べてみます。移動運用が好きなので、どこで運用してもカードを合算して使えるのは嬉しいです。まだまだ国内も海外も聞こえたら呼ぶって段階ですけど、珍しいところからのQRVは特に興味あるので、IOTAは意識してQSOしていきたいと思います。海外の島移動はぜひいつか行ってみたいです。

Mami: IOTAに少しでも興味持ってもらえた?これをきっかけに、ぜひIOTAの数を数えてみて下さいネ。そしてぜひ最初のIOTA100アワードを貰って下さい。KaoriちゃんがIOTAワールドに参入してくれるととっても嬉しいです。もっともっと色々とお話したいのですが、今日は入門編と言う事で、この辺で。また聞きたい事や分からない事があったらいつでも気軽に連絡して下さいね。お忙しい中、お話聞かせてくれてありがとうございました。今度、V6Jと言うクラブコールを取ったので、ミクロネシアの小さな島々へ数年かけてIOTA移動運用をしようと計画中。Kaoriちゃんも良かったら参加してみる?サバイバルな旅だけど…(笑) またインタビューさせてもらえる機会があったら次回もぜひよろしくお願いします。

Kaori: わぁ~いいですね~♪海外の移動運用に参加させてもらえる機会があったら素敵♪Mamiさんとお友達付き合いさせてもらって、稲葉さんとも連絡取らせてもらっているので、いろいろ教えてもらって楽しみながら、IOTAもたくさん集めていきたいと思います。本当に失礼なくらい何もわからない私をありがとうございました。こちらこそまたぜひよろしくお願いします。

Mami: わ~い!ほんと、都合が合いそうだったらぜひ一緒に海外の島移動に行きましょう。楽しみにしています。そしてIOTA局との交信もたくさん集めて下さいね。一緒に電波で世界の島めぐりをしましょう!KaoriちゃんとIOTAのお話が出来てとても嬉しかったです。こちらこそ本当にありがとうございました。またお話聞かせて下さい。

以上、今月はJR2NMA森本YLさん(Kaoriちゃん)にIOTAを始めてみませんか?をコンセプトにお話を伺いました。きっと近いうちにKaoriちゃんもIOTAの世界に興味を持ってもらえると期待しています!素敵なお話をありがとうございました。

P.S. インタビューを終えてから、Kaoriちゃんより連絡がありました。なんとAS-117になります「日間賀島」がご近所だそうで、5月頃に移動運用を計画してくれているそうです。早速「島」を意識して移動先を決めて頂いて、とっても嬉しいです。皆様、JR2NMA/2(AS-117)日間賀島移動を見つけたらぜひお声掛けよろしくお願いします。来月も、IOTAチェイジングの楽しさやおもしろさをお伝えするお話を紹介させて頂く予定です。どうぞお楽しみに!

(*1) IOTA ClubLog マッチング
今まで、IOTAアワード申請には、島名の記載された紙QSLカードかIOTAコンテストによるログマッチングのみが有効でしたが、去年よりClubLogによるマッチングもアワード申請に使えるようになりました。IOTA CPの中嶋さんが日本語の申請方法PDFを作成してくれています。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/ja9iff/web/Web_Manual_r5.pdf

(*2) IOTAコンテスト
IOTA本部の主催する7月の最終週末に開催される24hのワールドコンテストです。
島からの運用者は、コンテストナンバーとしてIOTAナンバー+001~の連番を送ります。
世界中のIOTA認定の島々から運用が行われ、年に一度のIOTAのお祭り日と評されています。
http://www.rsgbcc.org/hf/rules/2016/riota.shtml

広げよう“IOTA”の輪 ~ONE PIECE of IOTA~ バックナンバー

2017年3月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2018年1月号」は 1月5日(金)と15日(月)に公開予定

サイトのご利用について

©2017 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部