Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

「2019 JARLアイボールミーティング」が開催される

12月5日、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は東京・麹町のホテルで「2019 JARLアイボールミーティング」を開催し、総務省や関連団体、JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)をはじめとする業界関係者、JARL関係者など約150名が出席した。今年は特に、ハム資格を有する4名を含む国会議員6名が出席して注目を集めた。


「2019 JARLアイボールミーティング」の模様

JARLは会員やアマチュア無線界関係者の懇親の場として、12月に「アイボールミーティング」を開催している。東日本大震災のあった2011年から2015年まで中断があったが、2016年の再開後は年々参加者の顔ぶれが多彩になっている。

今回の開会の挨拶の中で、JARLの髙尾義則会長(JG1KTC)は「今年は台風や豪雨などの自然災害が多い年だった。アマチュア無線はライフラインが寸断された非常災害時には有用な通信手段でもあり、社会貢献、次世代への継承、電波無線界の人材育成は、JARLの重要な社会的使命である。今後もJARLは青少年や女性など、現在のアマチュア無線界に人口が少ない層に向けてアマチュア無線を紹介し、啓発を積極的に推し進めていきたい。来年の東京オリンピック・パラリンピックでは、特別記念局を開設して電波で世界に向けて発信・PRを行い、盛り上げていきたい」という要旨を述べた。


挨拶する髙尾義則JARL会長(JG1KTC)

続いて来賓の農林水産副大臣の伊東良孝衆議院議員(JK8MHB)、総務副大臣の長谷川岳参議院議員、小渕優子衆議院議員(JA1LXG)、左藤章衆議院議員、泉田裕彦衆議院議員(7K1KJK)が次々に登壇し、アマチュア無線界とJARLのますますの発展を願う祝辞を述べた。また国会関係では原田憲治衆議院議員(JP3GJV)、片山虎之助参議院議員(代理)、山本幸三衆議院議員(代理)も出席した。


来賓として出席した国会議員。上段左:伊東良孝衆議院議員(JK8MHB)、上段中:長谷川 岳参議院議員、
上段右:小渕優子衆議院議員(JA1LXG)、下段左:左藤 章衆議院議員、
下段中:泉田裕彦衆議院議員(7K1KJK)、下段右:原田憲治衆議院議員(JP3GJV)

さらに来賓として出席した総務省総合通信基盤局の田原康生電波部長が次のような要旨の挨拶を行った。

「電波は5Gの時代になり、話題も多くニーズも増えている。そんな中、若い人たちに“電波はどう使うのか”ということから考えていただきたいと思っており、そういう意味でもアマチュア無線は非常に重要だ。ハムフェアで若い方の入場料を無料にして誘導するというのは大変良いアイデアだ。

総務省ではアマチュア無線に関して、1.9MHz、3.5MHzの帯域拡張や制度整備などを検討し、オリンピック・パラリンピックの記念局では、外国人の方のいわゆる相互認証や、有資格者の立ち会いで若い方が無資格で使えるような柔軟な運用、特別な呼出符号などを検討中だ。アマチュア無線でオリンピック・パラリンピックを盛り上げていただけると大変ありがたく、“記念局で電波を発射したんだ”という経験から、アマチュア無線に関心が向いて電波を利用する方がどんどん増えることに期待している」


挨拶する総務省総合通信基盤局の田原康生電波部長

この後、JAIAの播磨正隆会長(JL3KLL)が乾杯の発声で登壇し「JAIAはアマチュア無線の皆さんのご支援で成り立っています。髙尾会長のご挨拶にもありましたがJARLがアマチュア無線の裾野を広げるため、青年層や女性への普及活動を行っていらっしゃることに感謝申し上げます。JAIAは魅力ある製品作りに一層邁進してまいります」と述べた。


乾杯の発声をする播磨正隆JAIA会長(JL3KLL)

「2019 JARLアイボールミーティング」は約2時間にわたり行われ、出席者らは年末の挨拶や歓談を思い思いに楽しんだ。最後に2020年のアマチュア無線界の発展を念じ、JARLの森田耕司副会長(JA5SUD)の挨拶で幕を閉じた。


「2019 JARLアイボールミーティング」にはJARL広報大使でシンガーソングライターのMasacoさん(JH1CBX)らも出席し、歌声を披露した

2019年12月号トップへ戻る

次号は 8月17日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部