Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

関西初 IEICE創立100周年アマチュア無線局8J100EICが公開運用

電子工学および情報通信に関する学問、技術の調査、研究および知識の交換を行うことを目的として設立された、一般社団法人電子情報通信学会(IEICE)が2017年5月に創立100周年を迎えた。その記念局として一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は「8J100EIC」を開局。2017年7月7日(金)には、東京都武蔵野市のNTT武蔵野研究開発センターにて運用開始式典が開催された。今後は、各地のイベントで公開運用が行われることになっている。

関西では、2017年7月29日(土)10:00より「8J100EIC/3」の公開運用が行われた。会場となったのは神戸市西区にある国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所。JARLの特別局「8J100EIC」の公開運用は「NICTオープンハウス2017in神戸 未来ICT研究所施設一般公開」の一環として実施された。


会場となった国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所

10:00開場から間もなく、電子情報通信学会創立100周年記念アマチュア無線特別局8J100EICのブースにアマチュア無線家が来場し、さっそく運用を始めていた。用意されたリグは、IC-706M等で、アンテナはT2FD型ダイポール(3.5~28MHz)とGP(50/144/430MHz)が使用されていた。また、電気試験所125周年アマチュア無線記念局8J125ETLの運用も可能となっていた。


8J100EIC特別局運用の様子


(写真左)3.5~28MHz用T2FD型ダイポールアンテナ、(写真右)屋上に設置された50/144/430MHz用GP

また、アマチュア無線を知らない方、これからはじめようと思われている方に向けたパンフレットやチラシ、特別局の説明パネルも用意され、一般の来場者にもアマチュア無線と特別局をアピールしていた。熱心に質問する親子連れや交信の様子に見入る来場者、パンフレットを持ち帰る人も多く見られた。


公開運用だけでなく、一般来場者へのPRや説明も積極的に行われていた


様々なパンフレットやチラシも用意されていた

公開運用の他にも多彩な展示やイベントが行われていた。夏休みということもあり、子供たちも多数来場。どの展示コーナーも専門的で本格的な内容となっていたが、体験しながら、楽しく学べる工夫がされていた。


展示や体験、イベントを楽しむ子供たち。楽しみながら学べる内容となっていた

2017年8月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2017年11月号」は 11月1日(水)と15日(水)に公開予定

サイトのご利用について

©2017 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部