Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

新製品、参考出品に注目が集まったKANHAM2018

7月14日(土)、15日(日)の2日間、大阪府池田市の池田市民文化会館をメイン会場に、関西最大のアマチュア無線イベント「第23回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2018)」が開催された。今年は猛暑の中、9,000人(初日:5,000人、2日目:4,000人)が来場した。


KANHAM2018のメイン会場となった池田市民文化会館。2日間とも快晴に恵まれたが、連日、35℃を超える猛暑日となった

メイン会場となる池田市民文化会館の入り口前では、10:00からオープニングセレモニーが行われた。開場を待ちわびる多くの来場者を前に、関係者の挨拶とテープカットが行われ、第23回関西アマチュア無線フェスティバルが幕を開けた。


オープニングセレモニーで挨拶する、JARL会長の髙尾義則氏(JG1KTC)


開場直後のロビーの様子。開場と同時に、会場内は多くの来場であふれかえった

開場すると、ほどなく会場内は熱心なアマチュア無線家で、移動するのも困難なくらいの大混雑となった。特に、この機会に掘り出しものを見つけようという来場者が、ジャンクの販売ブースや屋外のフリーマーケットに殺到。初日の午前中から、会場は熱気に包まれた。


開場直後に最も熱気を帯びていたのはジャンク等の販売ブースだった

また、2階のコンベンションルームでは、JAIA加盟各社をはじめとするアマチュア無線機器、周辺機器メーカーの最新製品の展示が行われた。アイコムブースでは、新製品のIPリモートコントロールソフトウェアRS-BA1 Version2が実動展示されていた。また、ケンウッドブースでは、TS-890が参考出品され、来場者の注目を集めていた。スタッフによると、東京のハムフェアでは実動展示するとのことだった。また、無線ショップによる販売コーナーも設けられ、終日賑わいを見せていた。


来場者で賑わうアイコムブース。2波同時受信と、さらにデュアルスコープの表示ができる新製品RS-BA1 Version2が実動展示されていた


JAIA加盟メーカー、アイコム株式会社、株式会社JVCケンウッド、第一電波工業株式会社、コメット株式会社、アルインコ株式会社が出展。アイコムは新製品RS-BA1 Version2、JVCケンウッドはTS-890を参考出品していた

関西アマチュア無線フェスティバルは、展示や販売だけでなく、NHK解説委員 柳沢秀夫氏による講演会、無線機メーカーによるセミナーなどイベントも充実している。さらに、子供たち対象の「こども科学スタンプラリー」、「宇宙と無線のコズミックカレッジ」、「真冬の南極昭和基地からLive!南極教室」が開催されるなど、アマチュア無線家だけでなく、家族連れでも楽しめる内容となっている。また、ホールでは「てんご堂雅落さんの落語とMasacoさんのミニライブ」が行われた。今年はヴァイオリニスト菅野朝子さんの出演も実現し、その美しい音色でMasacoさんとともに会場を大いに盛り上げた。


(写真左)参加の申込みをする子供たち。(写真右)工作教室の様子。1日中、子供たちの笑顔と歓声があふれていた


ミニコンサートで会場を盛り上げたMasacoさん(写真左)とヴァイオリニスト菅野朝子さん(写真右)


NHK解説委員 柳沢秀夫氏による講演会「わが無線人生と国際報道」は、立ち見がでるほどの人気で、ホールは終始熱気に包まれていた


5日(日)16:00~、池田市立カルチャープラザの多目的ホールで開催された「DXフォーラム」では、IC-7610の性能をデータや動画で紹介するプレゼンテーションも行われた。動画を使った説明は説得力があり、参加者は話に聞き入っていた

月刊FB NEWSは今年も池田市民文化会館の1階小ホール前に出展。Masacoさんの新曲「晴れおんな」のCD発売、クリアファイルの配布、「FB NEWSのFacebookをフォロー」するとオリジナルケースがもらえるキャンペーン等を実施した。また、この日のために用意されたMasacoさんオリジナルマグカップ50個は完売するほどの人気となっていた。


FB NEWSブースの様子。左下は記念局を運用するMasacoさん

2018年8月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2019年1月号」は 1月7日(月)と18日(金)に公開予定

サイトのご利用について

©2018 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部