Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JARDが「スプリアス確認保証のかしこい利用について」を案内

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は、古い無線機を複数台使用していて、まだ「スプリアス確認保証」を受けていないアマチュア局の免許人に向け、ホームページで「スプリアス確認保証のかしこい利用について~古い無線機を複数台お使いの方へ~」という案内を開始した。


JARD測定器室のスプリアス測定風景

平成17(2005)年12月1日に施行された、電波法に定める「スプリアス規格」の改正により、平成19(2007)年11月30日以前に製造された古い無線機の使用期限(経過措置期限)は、平成34(2022)年11月30日までとなっている。

現在、これらの無線機を工事設計書に含んでアマチュア局の免許を受けている場合は、JARDが実施している「スプリアス確認保証」を受けることなどにより、平成34年12月以降も継続して使用できるようになる(これから無線局の開局や設備変更で、これらの古い無線機を使う場合は、JARDの「基本保証」を受ける必要がある)。

ところが、古い無線機を複数台使用しているアマチュア局の免許人から、「どの無線機を残してどれを処分するか迷っているため、スプリアス確認保証の手続きを先延ばしにしている」という話が多数あることから、JARDはこのほど「免許番号が同じ局による保証依頼の場合は、2回目以降は基本料不要で無線機の台数に応じた料金のみで構わない」「JARL会員向けの割引制度は今後段階的に廃止する」という点を案内し、次のように早期利用の呼び掛けを開始した。

スプリアス確認保証のかしこい利用について ~古い無線機を複数台お使いの方へ~

JARDでは平成28年9月からスプリアス確認保証業務を実施しており、特例措置として複数回割引及びJARL会員割引の2つの割引を設けております。

①複数回に分けて手続きをしても保証料の総額は同じです!
古い無線機を複数台お使いの方から、2022年11月までのスプリアス経過措置期限までに、「どの無線機を残してどれを処分するか迷っているため、スプリアス確認手続きを先延ばしにしている」というお話を多数お聞きします。

そのような場合は、まず「スプリアス確認保証可能機器リスト」に掲載されている無線機で確実に使う無線機について、先にスプリアス確認保証を受けていただき、後日、残りの無線機について、改めてスプリアス確認保証を申し込まれても、支払う保証料の総額は変わりません。免許番号が同じ場合は、複数回割引で2回目以降は無線機の台数に応じた料金だけで基本料は不要です。

②JARL会員割引には期限があります!
JARL会員の方は、対応促進のために複数台お申し込みの際に基本料を除き2台(2,000円)まで割引しておりますが、スプリアス確認保証の開始から3年が経過しようとしていることから、本年12月から1台へ、その1年後には廃止する予定です。スプリアス確認保証は、いつでも手続きできます。お早目にお申し込み願います。

JARDが定めている「スプリアス確認保証料」の特例措置は次のとおり。

なおJARDでは、スプリアス確認保証を受けた無線機の判別を容易にするため、スプリアス確認保証を受けた無線機に貼付可能な「保証シール」を平成30(2018)年9月の保証分から独自制度として発行している(それ以前の保証分には希望により発行)。現在、無線局免許を受けている古い無線機が複数台あり、そのうちの一部分だけ先行してスプリアス確認保証を受ける場合には、この保証シールを貼っておくとわかりやすいだろう。


JARDのスプリアス確認保証を受けた無線機に発行される「保証シール」を貼ったハンディ機の例(写真提供:JARD)

スプリアス確認保証の詳細と申し込み方法は、JARDホームページの「スプリアス確認保証」コーナーで確認できる。

2019年3月号トップへ戻る

次号は 12月16日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2019 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部