Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JAIAが「第49回定時総会」を開催

日本のアマチュア無線機器メーカーで組織する団体、「日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)」の第49回定時総会が、5月23日に神奈川県横浜市中区のメルパルク横浜で開催された。


JAIA第49回定時総会後の記念写真

JAIAは1971(昭和46)年に発足。国内の主要アマチュア無線機器メーカーによる正会員(9社)と、全国のアマチュア無線機器販売店による専門会員(118店)で構成され、正会員による魅力あふれた商品の創造と、さまざまな委員会活動はアマチュア無線の発展に寄与し、専門会員によるJARDのアマチュア無線技士養成課程講習会の事務一部代行業務(養成課程講習会の企画と申込受付)は、新しいアマチュア無線従事者の育成に寄与してきた。

この日の定時総会では、第48期(平成30年度)の事業報告と決算案、第49期(平成31年・令和元年度)の事業計画と予算案が審議され、いずれも原案通り承認可決された。

なおJAIAは、昨年3月に開催された理事会で専門会員制度の終了を決議し、今年3月31日をもって同制度は終了した。これに伴い、これまで専門会員の各販売店が行ってきた養成課程講習会の事務一部代行は、JARDが各販売店に直接委託する形式に変更された。

またJAIAの事務所は、36年間にわたって設置されていた東京・巣鴨(豊島区)を5月末で離れ、6月1日からは東京都三鷹市に移転することが発表された。

この日の定時総会終了後には、JARLやJARDなどの業界関係者およそ40名を招いた懇親会が開催された。

冒頭で挨拶に立ったJAIAの播磨会長は、「アマチュア無線業界もJAIAも厳しい状況が続いている。JAIAがこれから身の丈に応じた運営を行っていくために、今回、養成課程講習会事務の一部代行の終了と、事務所の移転という2つの改革を行った。これからもアマチュア無線のための活動を行い、JARDが行っているHAMtte(受講者交流サイト)には積極的に協力し、JARLの会員数増強にもしっかり協力していきたいと思う」と語った。


挨拶するJAIAの播磨会長

来賓として出席したJARLの髙尾会長は、「JARLは今年、広報大使の任命と、JARLの活動や取り組みを知らせるラジオ番組“Radio JARL.com”のスタートという2つの新しいことを始めた。こうした取り組みでアマチュア無線に入門する方々を増やしていきたいと考えている。アマチュア無線局数が減少する厳しい状況の中だが、JARL会員数はなんとか最小限の減少で留まっている。今後はさまざまな活動を通じてアマチュア無線の活性化と利用者の拡大を図り、JAIAの皆様と太いパイプの二人三脚で盛り上げていきたいと考えている」と述べた。


来賓として挨拶するJARLの髙尾会長

またJARDの三木会長は、乾杯の挨拶の中で、「JAIAの専門会員制度をスムーズに終え、JARD直轄に移行できたことに感謝申し上げる。また一昨年に終了した“JAIAアワード”を、今年から3年間限定で“原 昌三メモリアルアワード”としてJARDでやらせていただくことになった。アマチュア無線の状況を好転させるためには、もっと入門しやすく、社会的にも認められる環境が必要になる。アメリカのアマチュア無線制度の改革事例などを参考に、我々も裾野が広がるようなことを総務省に働きかけられればいいなと思っている」と述べた。


乾杯の発声はJARDの三木会長が務めた

なお6月1日に移転するJAIA事務局の新住所は次のとおり。

日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)事務局
〒181-0012 東京都三鷹市上連雀1-12-17 三鷹ビジネスパーク内 3号館306-B

2019年6月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2019年9月号」は 9月2日(月)に公開予定

サイトのご利用について

©2019 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部