Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

JAIAコーナー

DJ-PV1Dを発売

特定小電力デジタルコミュニティ無線トランシーバー

DJ-PV1D(アルインコ)

価格
29,800円+税

アルインコ株式会社(本社:大阪)は142/146MHz帯特定小電力デジタルコミュニティ無線トランシーバーDJ-PV1Dを本年10月下旬に発売すると発表した。


DJ-PV1D

DJ-PV1Dはアルインコ初のデジタルコミュニティ無線(以下デジコミ)用のハンディトランシーバー。デジコミはもともと野生動物の監視や登山などアウトドアでの遭難者発見用途に割り当てられた無線のためGPSによる位置情報機能が義務付けられているのが特徴。全体、グループ、個人呼び出しと緊急警報はあるが、デジタル簡易無線のような秘話機能はない。アンテナは取り外しが可能で、屋外・車外にアンテナを設置することもできるが、高利得アンテナは許可されない。通話のタイムアウトは1分で、キャリアセンスも義務付けられている。出力は0.5Wと大きく、障害物が少ない屋外であれば1km程度の距離でも実用になる。通話用に17個、呼び出し専用に1個、合計18個のチャンネルが割り当てになっており、中継はできない。上空でも使えるので、通話相手までの距離、方角表示ができるデジコミはスカイスポーツにも最適。特小なので買ったその場ですぐに使え、電波利用料はかからない。

地域の防災、防犯用途に向くほか、アウトドアのレジャー、UHF特小の屋外ユーザーで「もう少し通話距離を広げたいが、中継器は置けない現場…」という方にも最適なトランシーバーとなっている。

主な特徴
・バッテリーパック、USBアダプター、USB充電ケーブル、ベルトクリップ、
ハンドストラップが付属するオールインワン・パッケージ。
・幅55×高さ101.5×薄さ24.1mm(突起物除く)、質量はアンテナ・電池込みで約163gとコンパクト・軽量で、手になじむ美しいデザイン。
・相手までの距離と方角が表示される位置情報機能。
・応答が無い相手局の周囲音を送信させる周囲音送信機能。
・地域の防災連絡用に便利、情報収集ができるFMラジオ受信機能。(補完用周波数帯も含む)
・同梱のケーブルを使ってPCに接続、相手の位置をマップ上に表示させるものと、グループ名、相手局名などに半角12桁(全角6桁)までの名前が付けられるもの、2種類のソフトをアルインコのHPで無償配布。
・他社製のデジコミとも通話可能。(TOKUDER®方式)
・セットモードは表示、GPS、マイク感度など基本のカスタマイズ項目に加え、受信信号の強さが良く分かるSメーター、周波数表示、位置サーチの応答制限、音声にならないような弱いレベルの信号も受信させる音声受信レベル設定、5段階から選べるバックライトタイマーなど、ハードユーザー向けのメニューも装備。

主な定格
・周波数範囲: 142.934375~142.984375MHz、146.934375~146.984375MHz、受信専用 FM放送 76.1~108MHz
・電波型式: F1E、F1D
・チャンネル数: 通話用 17ch、呼び出し専用 1ch
・送信出力: 500mW(+20%、-50%)
・変調方式: 4値FSK
・通信方式: 単信(単向・同報)
・音声圧縮方式: TOKUDER®
・使用温度範囲: 本体 -10℃~+50℃、USBアダプター 0℃~+40℃
・定格電圧: DC3.8V(EBP-180 バッテリーパック)、DC5V(USBアダプター接続時)
・消費電流: 送信 600mA以下、受信 250mA以下(外部スピーカー8Ω、音量最大、非充電時)
・接地方式: マイナス接地
・外形寸法(突起物除く): W55×H101.5×D24.1mm、アンテナ長:約150mm(本体側接栓 SMA-J)
・質量: 本体のみ 約110g、アンテナ、バッテリーパック付き 約163g
・受信方式: ダブルスーパーヘテロダイン
・受信感度(BER1%): -3dBμVemf以下(スタティック時)、+5dBμVemf以下(フェージング時)
・低周波出力(10%歪): 300mW以上(内部スピーカー16Ω)、100mW以上(外部スピーカー8Ω)

2019年9月号トップへ戻る

次号は 11月15日(金) に公開予定

サイトのご利用について

©2019 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部