Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Masaco & FB Girlsのサマコス・リターンズ!

最終回ハムフェア特集 「外国人も大絶賛!”和”の衣装でインタビュー」

JP3KGT あーちゃん

ハムフェア2019が無事終了しました。この記事はハムフェアが終了した翌日に書いています。そして、『サマコス・リターンズ』は今回で最終回です。まだ思い出が色鮮やかなうちにハムフェアでの2日間の思い出をここに書き綴っていきます。


月刊FBニュースのブースはこんな感じでした。キビキビ動いているのは2019年関ハムコンテスト「ハンディー機部門」の覇者・レイ

Masacoさんは笛を吹きながら会場を練り歩いたか

結論から申し上げますと、歩いていません

この表題は一体何なんだとお思いの方も多いかと思いますので念のため説明させていただきますと、前回のサマコスより、ハムフェアで歌のステージがないと知ったMasacoさんが放ったクレイジーな一言、「ステージが無いなら、和の衣装を着て笛でも吹きながら会場を歩こうかな~♪」から来ています。

ハムフェアの“和”の衣装のお披露目の場として、笛を吹く代わりにMasacoさんが選んだ舞台とは──、

ハムフェア初日の11時という一番お客様が多い時間帯にイベントコーナーで開催された、「JARL広報大使によるトークショー」です。演歌歌手の水田かおりさんの青のお着物と、Masacoさんの着物生地で作った赤のドレスが絶妙にマッチしていますね。

Masacoさんが小梅さんにお願いしてハムフェアのために作った“和”の衣装、その全貌がこちら。


こちらのロンググローブはオーダーしていないにも関わらず小梅さんがご厚意で作ってくださいました

Masacoさんだけでなく、一緒に製作過程を追い続けてきた私も、このドレスにはめちゃくちゃ思い入れがあります。「小梅さんが腕によりをかけて作ってくださったこのドレスを、たくさんの方々に見ていただきい!」そんな思いで、私たちはハムフェア会場でこんな企画を実施しました。じゃじゃ~ん。

企画の内容はとってもシンプル。会場内で外国人を探し、突撃インタビュー。どちらの国からお越しになったのか、地図にシールを貼ってもらいます。あわよくばドレスの感想も頂いちゃおうという企画です。

突撃インタビュー、スタート!

Masacoさんと私は(過去に何回も本誌で英会話のレッスンを受けたくせに)英語を話せませんので、通訳としてエリーについて来てもらうことにしました。エリーはカナダに留学経験があり、英語がペラペラです。


インタビュー時のドレスはケープ付きバージョンで露出控えめ、少しお上品に

エリー「どちらからいらっしゃいましたか?」
右の方「私はオーストリアから来ました」
左の方「僕はフランスから」

ということで、地図のオーストリアとフランスのところにペタリとシールを貼ってもらいました。

オーストリア人「あなたはSOTAをやってるの?」
と訊かれたMasacoさん。Masacoさんはアイコムの新製品IC-705のモデルをされており、アイコムブースではその映像が流れていました。そしてMasacoさんと私は本誌の企画で過去にSOTAにチャレンジしたこともあります。

Masacoさん「これからいっぱいSOTAにチャレンジしたいです!」
と元気よく日本語で返答。それからMasacoさんは・・・・

Masacoさん「How do you like my dress?」
勇気を振り絞って自ら英語でクエスチョン。緊張のせいか、声が少し震え気味でした。

フランス人「Very nice!!!」
と即答。Masacoさん、安堵と喜びでにっこり。さらにお話しを伺うと、フランス人の方には日本人の奥様がいらっしゃり、着物にも馴染みがあるのだそうです。

さて、突撃インタビューはまだまだ続きます。


ニュージーランドのZL2TLLさん


タイアマチュア無線連盟


韓国アマチュア無線連盟

韓国のHL1IWD Leeさんからは、Masacoさんのドレスに対してなんと日本語で「かわいい」と褒めてもらいました!


マレーシアアマチュア無線連盟


インドネシアアマチュア無線連盟


ルクセンブルグアマチュア無線連盟・ドイツアマチュア無線連盟


オーストラリアから来たマックさん


お弁当を買おうと屋台に並んでいる3人のところに突撃し恐らくちょっと迷惑に思われたが、ニコッと笑いながら顔を覗き込み自らしっかりと握手することで相手の笑顔を半ば強引に引きずり出すという凄まじい芸能人力を見せつけたMasacoさん


アメリカのW3IZノームさん

1時間ほどかけて会場内を練り歩き、インタビュー出来た国は全部で14か国でした!


ヨーロッパがすごく狭くて申し訳ありませんでした(汗)

こうして、Masacoさんと小梅さんが作った“和”のドレスを世界各国のたくさんの方々の前でお披露目することが出来ました。

最後に、ハムフェアの思い出

月刊FBニュースのブースでは、布用のクレヨンでお絵かきしてオリジナルのトートバッグを作る企画を実施しました。たくさんのお客様にお楽しみいただくことができました。お立ち寄りくださり、どうもありがとうございました。

関ハムでプレゼントした28エレのトートバッグをわざわざハムフェアまで持ってきてくださった方もいらっしゃいました。作った私はもう大感激でした!


「あばうとどあ」の村田さん。あばうとどあさんはMasacoさんの連載「むせんのせかい」で取材させていただいたアマチュア無線グループです

MasacoさんのCD販売も、言わずもがなの大好評でした!

ハムフェアではいろいろな方々との出会いがありました。以前、「QSLカード鑑賞会」という企画で私が選んだQSLカードを製作した方との奇跡のような出会いもありました。

Masacoさんだけでなく、「エリー」、「あーちゃん」とスタッフにまでたくさんお声掛けいただきました。
ネットの繋がりを超えたあたたかい交流をハムフェアで体感することができました。改めて、いつもご愛読くださっているみなさまに感謝申し上げます。

最後に、筆者もちょっとだけ出演しておきます。特に意味はありません。ハムフェアにちゃんといましたという証拠のようなものです。

今年のサマコス企画もとっても楽しかったです。来年もまたお会いできることを祈って、さようなら~!

◇◇ 取材協力 ◇◇
お仕立て婦人服と服地販売のお店 小梅
大阪府富田林市本町12-3
TEL 0721-24-9343
営業時間 10:30~18:00  定休日 月・木曜日
https://koume512.on.omisenomikata.jp/

Masaco & FB Girlsのサマコス・リターンズ! バックナンバー

2019年9月号トップへ戻る

次号は 11月1日(金) に公開予定

サイトのご利用について

©2019 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部