Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Masaco & FB Girlsの! サマコス!

第3回 「FB Girlsが世紀の大発見?! 28エレの服」

JP3KGT あーちゃん

月刊FBニュースSummer Costume Project ―― 略して『サマコス』、第3回目です。KANHAMとハムフェアに向けてMasacoさんやFB Girlsがオリジナルの衣装を作ります。

~前回までのあらすじ~
大阪の富田林にある、婦人服の仕立て・服地販売の専門店「小梅」さんに、KANHAMで着用するステージ衣装をお願いしたMasacoさん。ドレスの仮縫い服(1回目)を試着しました。

~あらすじおしまい~

★Masacoさんの登場は2ページ目からです。

Masacoさんの衣装の作成が着実に進む一方、この連載では今まで出る気配の無かったFB Girls。第3回目にしてやっとFB Girlsのターンがまわってきました! MasacoさんのマネージャーもどきにしてMasaco五人衆筆頭のワタクシあーちゃんが、FB Girlsを引き連れて小梅さんにお伺いしました。


小梅さん、小物の販売を始められたそうです。女子はもれなくこういうのが大好き。


小梅さんに到着。左から、ユウ、エリー、私(あーちゃん)、レイ、ミー。
Instagramにアップされた一般人の写真よりクオリティが低いですね・・・・。ニュースサイトとしてはどうなんでしょうね。でもこれしかないので載せちゃいます。

小梅さんにお願いするのは、私たちFB GirlsがKANHAMで着る服です。Masacoさんのオーダーはステージ映えするドレスでしたが、私たちFB Girlsは、KANHAMではFB NEWSブースの運営が主な役割です。華やかさよりも、機能性の方が自然と重視されます。

デザインを相談するにあたって、あらかじめどんな服が着たいかを考えました。「グループとしては衣装には統一感があった方がいいだろう」「女性らしくスカートを」、ということで、共通のテーマを「ラップスカート」にしました。トップス(上衣)は個人の自由とします。

「ラップスカートって何?」って感じですよね。いえ、分からなくても大丈夫です。結論から申し上げますと、ラップスカート案は後ほど自然消滅しますので・・・・。

上の写真を見て下さい。自分のイメージにあったラップスカートをネットから1つ見つけてきて、4パターンの写真を準備し、かつ1枚のA4用紙にまとめあげるという用意周到さを見せた人物がいます。あーちゃんです。他のみんなもちゃんと、どんな服がいいか1~3個ほど決めてきていました。さすがMasaco五人衆です。

レイ「私もいくつか候補を見つけてきました」
ミー「なになに~?」
一同「えっ?!」

スマホ画面いっぱいに広がる、4×3=12通りの服の画像。圧倒されるFB Girls。「捌ききれない・・・・!」「数の暴力・・・・!」そんなみんなの声が聞こえるようでした。

「いくつか候補がある」とレイは言っていました。私は「いくつか」という日本語の意味を、生まれてこのかたずっと履き違えていたのではないか。そんな風に自問自答しました。「いくつか」を個数にしたら、せいぜい一桁台だろうと――。衝撃が大きすぎて、その後レイの12個の案がどうなったのかは記憶に残っていません。

5人のプレゼンが終わりました。

小梅さん「みんな、生地は同じものを使いますよね?」
「はい、全員一緒の生地にします。形とか丈の違いで個性を出していきたいな、と」
小梅さん「生地の種類や厚みで、作れる服は違います。例えば厚手の生地だと、ヒラっとしたスカートにはなりません」
エリー「そうですよね・・・・(一人だけヒラっとしたスカートをリクエストしたエリー、しょんぼり)」
小梅さん「あと、みなさん色もバラバラなので、生地を揃えるなら色も統一してもらうことになります」

要するに、それぞれが自由に案を考えてきましたが、全員で生地を揃えるとなると生地の特徴に合わせた服にしなければいけないということです。今回の場合の正攻法としては、まずはどんな生地にするかを決めてから、その生地を自分ならどんな風に着るか、という順番で考えるべきだったのです。振り出しに戻ってしまいました。途方にくれる私たち――。

ユウ「まずは生地から決めないといけないんですよね? 私、色物は普段からあまり着ないんです。モノトーンが好きです。黒とか白とか、シンプルな色の方が生地の選択肢が広がるし、上に着る服とも合わせやすいと思います。真っ黒とか真っ白だと地味かもしれないので、生地はシロクロの柄物にしませんか? 例えば(スマホをポチポチ)、こういう幾何学模様とかどうですか?」
全員「いい~♡」

「生地どうしよう問題」に、我らがファッションリーダー・ユウが、ズバッとサクッと解決策を導き出してくれました! 聞けば、ユウのファッションにかける情熱は並々ならぬもので、気に入った韓国のアパレルブランドの洋服をわざわざ韓国から日本に取り寄せるほど。今回の企画にユウがいてくれてよかった~~!!!


採寸中、急激に低下する女子力。

白黒の幾何学模様の生地は自分たちで探すことにしました。次に小梅さんにお世話になるのは、生地を入手してからになります。


一歩進んで二歩下がった感が強い今回。それなのに達成感に満ちた表情を浮かべるFB Girls。

帰り道、みんなで軽くお茶をした後、ショッピングモールにある手芸材料のお店に寄りました。生地の専門店ではないので、「あったらいいな」くらいの軽い気持ちでした。

生地、ありました。

幾何学模様ではないですが、奇天烈な模様ではあります。ちゃんと白黒です。満足度120%とはいきませんが、75%くらいはこれでいいという気持ちです。

生地の柄がアンテナに見えた私たち。以下、エリーはお客役、私は店員役です。
エリー「お姉さん、お姉さん。これは何エレですか~?」
「え~っとぉ、これはぁ、1,2,3,4,5」
エリー「6,7,8,9,10,・・・・」
「28エレですね~!」
2人「(爆笑)」

28エレの服(?)を着てKANHAMのFB NEWSブースに立ちます! みなさん、KANHAMにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいね。

Masaco & FB Girlsの! サマコス! バックナンバー

2018年5月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2018年6月号」は 6月1日(金)と15日(金)に公開予定

サイトのご利用について

©2018 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部