Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JARL第10回定時社員総会開催

JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)の第10回定時社員総会が、6月27日に東京都新宿区で開催され、4つの議案が審議された。


第10回定時社員総会の審議風景

JARLは2011年秋に一般社団法人に移行してから、会員から選挙で選ばれた「社員」(現在134名)による定時社員総会を毎年6月下旬に開催している。

今年は新型コロナウィルス感染拡大が続き、また東京23区などに「まん延防止等重点措置」が発令されているため、JARLは昨年に続いて、当日の出席はなるべく避けて議決権行使書の事前提出か出席社員への委任状提出とし、質問は事前に準備書面で提出するよう呼び掛けた。その結果、実際に出席したのは12時50分現在で39名だった。

13時から開催された社員総会では、冒頭で髙尾会長が「本日ここに日本アマチュア無線連盟の第10回定時社員総会が皆様にご出席をいただき、開催できますことを厚く御礼申し上げます。新型コロナウィルス感染症の感染拡大がまだ収まりません。感染の不安も解消されない状況が続いておりますが、本日の定時社員総会では政府や東京都、法人協会等の指針等の指導に基づいた感染防止対策を施して、三密を避けて、ソーシャルディスタンスを確保して開催をさせていただきます(中略)。社員総会は社員の皆様方と重要な課題について意思統一を図る場でもございます。建設的な議論のもとで皆様方と理解を共有することができれば嬉しく思います。皆様のお力をお借りしまして、アマチュア無線という素晴らしい趣味を、連盟が将来にわたって安定的、発展的に存続できるように、組織の活性化、組織を盛り上げていきたいと考えております。本日の社員総会を通しまして連盟の将来展望が開かれることを願って、私の挨拶とさせていただきます」と述べた。


冒頭で挨拶する髙尾JARL会長

続いて行われた総会成立審査の結果は次のとおり。定款による過半数の67名を超えているので成立となった。

議決権を有する社員の総数:134名(議決権数134)
6月27日12時50分現在の出席社員数:39名
議決権行使書を提出した社員数:15名
委任書面による出席社員数:77名
合計出席数:131名

議事は議長団(議長 JA1STY鈴木氏、副議長 JA7UQB佐藤氏)のもとで進行した。初めに第1号議題として「令和2年度決算承認の件」の審議を行い、日野岳専務理事が決算状況を報告した。

令和2年度は新型コロナウィルス感染拡大で「ハムフェア2020」を始め、さまざまなイベントが中止になる中、会員数は前年比で527名増加。収入は前年度比で5,929万円減少したが、支出は経費見直しと合理化を行ったこともあり、前年度比で7,292万円削減。その結果、企業の経常利益に当たる「評価損益前経常増減」は△3,749万円と前年度比で約1,362万円改善し、特定資産の取り崩しも約1,900万円と前年度比で約600万円改善したことを説明し「今後も引き続き収支改善に努める」と述べた。

続いて社員から出された多岐にわたる質問(収支均衡への取り組み、この1年間の入退会者数、事務局職員数、QSLビューローの転送数、正員要件について、議決権行使書の取り扱い、総会速記録の廃止について、各支部の会員増強企画についてなど)に回答を行い、1時間半に及ぶ審議を経て挙手採決を行い、賛成多数で令和2年度決算は原案通り承認された。

次に社員23名の提案による議題「理事 日野岳充解任の件」(第2号議題)、「理事 髙尾義則解任の件」(第3号議題)、「監事 佐藤眸解任の件」(第4号議題)が順次審議され、JARL運営への取り組み、アマチュア無線を社会貢献活動で活用する際のガイドライン策定、社会貢献活動に関する通信と報酬について、理事欠員時の補充選挙について、会員増強活動と成果など、さまざまな質問が出た。これら3つの議題はそれぞれ挙手採決が行われ、いずれも賛成が規定数に達せず解任は否決された。

最後に報告事項として「令和2年度事業報告」「令和3年度収支予算」「令和3年度事業計画」の説明と質疑応答が行われた。その中でJARLは令和3年度に会員台帳整備を実施することを説明。それぞれの正員が定款に定められた「電波法に規定するアマチュア局の免許を有する者」という要件を満たしているか、間隔を開けて2回、総務省のデータベースを利用して確認するという。その結果、コールサインが失効していることが判明した正員には個別に照会を行った上で、来年2月7日時点の会員台帳に反映する計画だという。

第10回定時社員総会は当初の終了予定時間を大幅に超え、18時20分過ぎに終了した。この総会の模様はJARL Webに速報記事が掲載されている。

2021年7月号トップへ戻る

次号は 12月 1日(水) に公開予定

サイトのご利用について

©2021 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部