Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

[新連載] Show and Tell

その1 バスケットボールシューズ(バッシュ)コレクション

月刊FB NEWSのスタッフが自由奔放、気の向くままに書き綴る「Show&Tell」がスタートします。話題はスポーツ、旅行など様々。記念すべき第1回は、スタッフOによる「バスケットボールシューズ(バッシュ)コレクション」です。

編集部 スタッフO

こんにちは、ここ7~8年のマイブームを紹介します。バスケットボールシューズ(バッシュ)です。
ひょんな事から15年ぶりくらいにバスケットボール(中学生~20代半ばまでやっていました)をやり始め、そこで久しぶりにバッシュを購入する事になりました。

最初は特にこだわらずガチでプレーする訳でもないので見た目重視で最初の一足はナイキのアウトレットで購入しました。ナイキはカッコ良いけどグリップがイマイチだろうなと思いつつコートで履いてみるとビックリです!良くグリップするし、軽いし、クッションもおじさんの膝に優しいし、進化にすごくて感動しました。思い返せば高校1年生あたりで、あの“ナイキ・エア・ジョーダン1”が発売されカッコ良いなと思いつつ新入部員がとっても高価で派手なものを履けるはずも無く断念していました。そのトラウマと年に数回バッシュを買えるくらいの小銭を持てるようになり元来の収集癖も重なり今回のコレクション発表となった次第です。

1. 超人のバッシュ(ナイキ レブロン10 ホーム/アウェーマイアミカラー)

久しぶりにNBAを見ているとあのマイケル・ジョーダンを凌駕するほどのプレーヤーに釘付けになる、KINGことレブロン・ジェームス10作目のバッシュ。当時在籍マイアミ・ヒートのカラーでソール全面にエアクッションがありフカフカ。

2. ボクシングシューズみたいなバッシュ(ナイキ コービー9エリート セコイア)

スーパースターのコービー・ブライアント9作目のモデル。アキレス腱断裂後で復帰時に着用、アキレス腱にあるステッチは復活を誓う手術後だそうです。ソールパターンはコービーの足底の圧力分布になっており超絶グリップ力でフィット感はソックスのよう。

3. 豪華3点セット(エアジョーダン31 シカゴ)

世界一有名なバッシュ、エアジョーダンシリーズ31作目。ボクの知る限りではナイキのスウッシュマークとジョーダンのウィングマーク/ジャンプマンロゴの3つが同時に使われた最初のバッシュだと思います。3点セットとトゥからヒールへニットとレザーの素材がグラデーションのように変化する美しいバッシュです。キュっと大きなスキール音がする割にはグリップが弱いところはご愛嬌。

4. ホリデーコレクション Vol.1(ナイキ レブロン12 インディペンデンスデイ)

7/4日のアメリカ独立記念日のために作られたブロン・ジェームス12作目のバッシュ。とにかくアメリカ国旗をモチーフにしたグラフィクが超カッコイイと思いませんか?ボクの足ではサイドにあるゴツゴツしたプロテクターのようなポジットという素材が足に当たってメッチャ痛く履かないのですが、このモデルはカッコイイから良いのです。

5. ホリデーコレクション Vol.2(エアジョーダン メロ M11 クリスマス)

ジョーダンブランド契約選手であるカーメロ・アンソニー11作目クリスマスカラー。ゴールドをちりばめたホワイトクリスマスをイメージできるメロらしい華のあるバッシュ。バッシュとしての完成度も高く大好きな一足です。メロシリーズが13で終了してしまうのがとても残念。

6. ホリデーコレクション Vol.3(ナイキ カイリー4 ハロウィン)

超絶ドリブラーのカイリー・アービング4作目ハロウィンカラー。日本で変な盛り上がり方を見せているハロウィンですが競技用のシューズをこんな風にアレンジする遊び心は素直に素敵だなと感じます。丸みのあるソールでドリブルに入る体重移動がスムーズになるようなのですがそんなクイックネスを持ち合わせていないおじさんでもプルアップジャンパーの動作がし易いバッシュです。グリップは良いのですがキュっという音があまりならないのがチョット物足りないかな?

こんな感じで特にレアモデルとかは無いのでスニーカーヘッズと呼ばれるマニアの方が見られるとたいした事は無いですが、それよりも次のバスケットにはこれを履こうか?あれを履こうか?どのソックスにしようか?ウェアはこれかな?なんて考えるのが楽しいです。また新しい機能や素材のモデルが発売されると買ってしまうんでしょうね。趣味ってやっかいですね。

Show and Tell バックナンバー

2019年1月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2019年7月号」は 7月1日(月)と16日(火)に公開予定

サイトのご利用について

©2019 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部