Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Masacoの美味しい旅とQSO

第1回 初冬の嵐山へ

「What a healthy time! ~健康を応援する特別なお料理~」からバトンを受け継いで、今月から新しい企画「Masacoの美味しい旅とQSO」(奇数月更新)がスタートしました。Genjiさんの豪華なお弁当を持って、今回はどこへ行こうかな。


料理長の岩田さんからお弁当を受け取って、さぁ出発です

東京に住んでいると、時々、喧騒を忘れたくなるんです。静かなところへ行きたいなって。そこで、今回は初冬の京都・嵐山へ行って来ました。

訪れたのは12月の平日。紅葉シーズンも一段落して、観光客も少なく、京の風情を感じながら散策するには、ベストなシーズンだなぁと思っていたら・・・・大間違い。嵐山のメイン通りは、まるで東京。これ、全然オーバーじゃないんです。国内外の観光客、修学旅行生で大賑わい。まともに歩けないくらいの大混雑です。歩道からあふれて、車道を歩いている人がいっぱいでした。それでも、嵐山のドライバーさんは、ほとんどクラクションを鳴らしたりしないんですね。観光客に優しい街だなぁって感心しました。

桂川沿いを、のんびりと散策

さて、私が、まず向かったのは渡月橋。さぁ、ここで記念撮影でも~と思ったら、ここも人、人、人。全長155mの橋の上は超満員。記念撮影どころか歩くのも大変な状態です。そこで、人ごみを避けて桂川沿いへ移動し、のんびりと散策することにしました。12月とは言え、この日は日差しがいっぱいあって、気持ち良かったですよ。

渡月橋の散策を楽しんだ後は、お土産を見たり、写真を撮ったりしながら「トロッコ嵐山」駅へ向かいました。一度、乗ってみたかったんです、トロッコ列車。名前が可愛いでしょ。そうそう、街を歩いていて気づいたのですが、外国人の方って、写真の撮り方、ポーズが日本人と全然違うんです。これでもか!ってくらいのポーズを決めてね!男性も女性も。自撮り棒も外国人観光客の間では今でも大流行のようでした。

憧れのトロッコ列車とご対面

嵐山のメイン通りを、人を縫うように歩き、名所となっている嵯峨の竹林を抜けて「トロッコ嵐山」駅へ。今回の楽しみの1つトロッコ列車に、いよいよ乗車です。さすがに人気のトロッコ列車!平日にも関わらず満席!私は事前に予約していたので、スムーズに乗車できましたよ。

「さぁ、トロッコ列車でGenjiさんのお弁当だぁ」と思ったら、時間が14時過ぎだったこともあり、お弁当を広げているのは私だけ。しかも、豪華過ぎるお弁当で、かなり目立っていたかも。外国人観光客の方には「日本人のお弁当は、凄いぞ~」と思われたかな・・・。お弁当の詳細へ

旅の終わりはQSO

トロッコ列車で車窓からの景色を楽しんで、お弁当をいただいた後は、旅のもう1つの目的である移動運用のため、車で一路、嵐山高雄パークウェイへ。見晴らしのいい、電波が飛びそうな場所(駐車場)があったので、そこから運用することにしました。平日の夕方5時、応答はあるのかなぁと不安な気持ちで、430MHz(FM)で「CQ CQ CQ・・・・受信しま~す。どうぞ」。すると、すぐに応答がありました。その後も、途切れることなく呼んでいただけました。

よしこの調子で!と思った矢先、嵐山高雄パークウェイの管理会社の車が私のところへやって来ました。「こらぁ、何をやってるんだ!」、「無線?怪しいぞ。こっちへ来い」って、捕まっちゃうかと思いました。お話を聞くと「パークウェイのゲートが17:30で締まるので、そろそろ出てください」。というわけで、運用時間はわずか15分ほど。でも、滋賀県草津市や大阪市北区の方など、計6局(FM5局、DV1局)とQSOできました。皆さんに「関ハム(関西ハムフェスティバル)でお会いしていますね」と言っていただき、嬉しかったなぁ♪アイボールとお空で会えるなんて、なんだかロマンチック♡ですね。

最後は追い出されたような感じになっちゃいましたが、美しい嵐山の街を散策し、トロッコ列車にも乗って、豪華なお弁当をいただき、QSOも楽しめました。結論、私にとって「Masacoの美味しい旅とQSO」は、美味しいお仕事でした(笑)。それでは、次回(月刊FB NEWS3月1日号)でお会いしましょう。

今回のお弁当
蒸しアワビとフカヒレの白ねぎソースあえ、アマダイの煮付け、カニと小エビの酢のもの、地鶏のガーリック醤油焼き、ピクルスとフォアグラの醤油漬け、ヘレ肉の網焼き、松茸ごはんなど、豪華絢爛18品目!眺めているだけで、美味しさが伝わって来ますね。一品いただくたびに、感動、感激です。お弁当にフカヒレ、フォアグラですよ。ディナーでも食べたことがありません。自然と笑顔になっちゃいました。お料理は人を幸せな気分にしてくれるんだなって、あらためて感じました。

取材協力 Genji

場所は大阪府の高級住宅街・帝塚山近郊、“チンチン電車(ちん電)”の愛称で知られる阪堺電車阪堺線「塚西」停留所のすぐ目の前にあります。木のぬくもりに包まれた落ちついた雰囲気の店内では、和・洋・中の多種多様なお料理を楽しむことができます。提供されるお料理はすべて食材からこだわった手作りの逸品です。『Genji』は有名人が数多く訪れる超人気店です。お食事の際は予約を取られることをオススメします!

Genji
大阪市西成区玉出東2-14-4 GRACE帝塚山1F
TEL:06-6656-9559
http://www.genji-1994.com/
(営業時間などは上記URLでご確認下さい)

Masacoの美味しい旅とQSO バックナンバー

2018年1月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2018年7月号」は 7月2日(月)と17日(火)に公開予定

サイトのご利用について

©2018 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部