Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ぴよぴよラヂヲ@婦人部

第壱章 「JJ1TZXって、こんな人」

JJ1TZX 笹原眞美

皆さん、こんにちは。そして、はじめまして、JJ1TZXこと、笹原眞美(Mammie)と申します。今月から連載をスタートすることになりました。2019年9月に開局して、まだ2年の初心者です。

全くの初心者だった私がどうして無線を始めることとなり、今現在楽しめるようになったか、そしてどんなことをして無線運用をしているのかを、これから無線を始めようとしている皆さんや、昔初心者だった大先輩方にも、知っていただけたらと思い、ペンを持つことになりました。何分、文章を書くなど全く初めてですので、上手く伝えられるのか心配ですが、頑張って書いて行こうと思っています。

私の事

少し長くなりますが、先ずは、自己紹介から書いてみます。2月生まれ、みずがめ座、A型、家族は、会社員の夫、年金暮らしの実父、10歳になるネコと私。人間3人とネコの家族です。子供は、独立して別に暮らしています。よくある普通の家庭で、私は専業主婦をしています。

無線を始める前までは、仕事をずっとしていましたが、そろそろ子育ても卒業したので、私も一緒に仕事から卒業し、現在は家事と趣味の生活です。どっぶり昭和の時代に、私は東京で営業マンの父と洋裁を仕事とする母の間に産まれた一人娘。子供のころから、家には足踏みオルガン、ステレオがあり、音がたくさある家庭で育ったせいか、歌が大好きな子供時代を過ごしました。音楽と言えば洋楽をイメージする方が多いのかも知れませんが、私の場合は昭和の歌謡曲で育ったといっても過言ではありません。毎日のように、マイクに見立てたサインペンを持ち、歌っていました。


マイクを持つ私、昔と今

日本が大好きなのは今も同じで、世界地図を見ても反応が薄いのですが、日本地図を見るとどうもテンションが上がるようです(地図が好きなことは、無線のお話のときにします)。そして中学、高校と無線に関係する教科である理系の物理、数学などなどは、教科書を見てもサッパリわからないし、最初から難しいものと決めつけていたので、嫌で嫌で仕方ありませんでした。こんな難しいことやっても普通に生活するのに関係ないと思い、全く興味なしでした。いや、無いどころか興味はマイナスで、元々小学校の算数ドリルや理科の実験は、とんちんかんな子供でした。

高校卒業する時に、就職に有利になるからと、ビジネス系専門学校へ入学しました。当時ワープロが騒がれ始めたころで、これが出来たら絶対に就職に困らないと思い、おかげで入力することだけは速くなりました。そして今も速いので役立っていますが、機械の中身についてはさっぱりわかりません。そして専門学校を出てから、普通に就職し社内の文書を一人で入力する部署で奮闘。東京で4年間OLをしましたが、結婚出産を機に退職しました。

そこからは、ずっと地元横浜で子育て生活がスタートしましたが、趣味を持てる時間などどこへやら、子育ては24時間年中無休でした。でも一緒に成長していこうと思い、頑張って来ました。そんな子育ても、子供の成長とともに自分の時間が持てるようになり、一人の時間の使い方を模索するようになっていました。元々、母が洋裁をしていたので手作りすることが好きでしたが、ちょうど自分に時間が出来て母にキチンと教えて欲しいと思ったときには他界していたので、願いは叶わず何か習い事をしようと考えました。

趣味探しの旅が始まった

その時に、思ったことは、「①外に出かけて出来る趣味、②家でのんびり出来る趣味」この2種類を持とうと思ったのです。この条件を崩さずに、何かやりがいのある事をさがそう。そして、インターネットを使い、どんなものがあるのかと探しはじめ、家で出来る趣味を見つけました。


カルトナージュとカリグラフィー

北鎌倉のアトリエで習ったフランスの伝統工芸のカルトナージュ、大学の生涯学習で学んだ西洋書道のカリグラフィー、文化式の洋裁でした。カルトナージュは講師の資格を取り、カリグラフィーもちょっとしたカードを書いたりするときに役立っています。洋裁は、グッズをつくったり、洋服を作ったりと楽しんでいます。

これらは、家で出来る趣味ですが、次に外で出来る趣味を探しました。元々、運動は得意でないので外で出来る趣味はあるのだろうかと思っていたところ、インターネットの掲示板に、「歌謡バンドボーカル募集」というものを見つけました。バンドなんてやったことないけど、歌は昔から好きだし、子供のころの夢は歌手になることだったので、どんなものかと見学に行ったのが今から約8年前になります。この行動をしたことが、今の私を作った元となったのです。

無線との出会い

歌謡バンドに参加することになり、色々なところで歌えるようになりました。そんな中バンド関係で知り合った方が、アマチュア無線をやる方がとても多かったのです。無線と音楽は、共通することがあるのかなと思いました。

最初は、「無線でやりとりするのって楽しそうだな。」私は、ラジオのDJや話すことにもとても興味があったのでいいなあと思っていたところ、周りの方々が「4アマ取るといいよ」という言葉が出て来て、頭の中には、「私の理系嫌いは、かなり頑固なんだけどな。」とよぎりましたが、「大丈夫、大丈夫、申込書頼んでおいたから、自宅に届くからね」と言われ、あれよあれよという間に4アマ講習会を受講することになったのです。

大体の私について分かっていただけたでしょうか。簡単に言えば、昔からマイクを持つことが大好きだったのが、今では無線のマイクを持ち、趣味で歌のマイクも持って、楽しい時間を送っているというわけです。

次回は、4アマ講習会を受講して資格を取ったころのことを中心に書いて行こうと思います。今月は、コンテストもありますし、移動運用するにも、良い時期になってきていますね。コロナはなかなか終息しませんが、無線は、自宅だと一人でもできますし、移動運用も外なので、気分良く出来ると思います。感染対策をして、楽しんで行きましょう。

長い長い、ご挨拶になりましたが、これから毎月、どうぞよろしくお願い致します。

ぴよぴよラヂヲ@婦人部 バックナンバー

2021年10月号トップへ戻る

次号は 11月 1日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2021 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部