Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ぴよぴよラヂヲ@婦人部

第八章 いざ出陣!! 記念局

JJ1TZX 笹原眞美

いざ平塚!!


バンド出演♪歌いました

今回も、神奈川県平塚市市制90周年記念局「8J1H90T」のお話です。

2022年3月27日の出陣式に向けて、1週間前の私は、多忙を極めていました。地元のタウン誌等と広報宣伝の打ち合わせをはじめ、出陣式当日の細かな内容を決めて行かなければならず、時間が2倍欲しいと思う日々を過ごしていました。記念局メンバーと1日にやりとりするLINEの数も日増しに増えていったのもこの頃です。

出陣式には、私のもう一つの趣味である昭和歌謡バンドの出演も決まっていたため、バンドの練習、当日の選曲などメンバーとのやりとりも同時進行で進んで行きました。当初予定していた場所が機材などの関係で使えなくなり、そこから私の少ないつてを辿り、見つけたライブハウスでしたが、とても好意的なお店だったことで、本当に救われました。


豪華ランチボックス

食事を決めるにも、コロナ禍の飲食はとても気を遣いました。良くありがちなお弁当にしたら、法事のようになってしまうし、もう少しお洒落なものがないかなと探し、平塚で人気のフレンチレストランで、普段お店で提供するような食事をランチボックスという形でデリバリーしてくれることを知り、早速依頼しました。これも当日は、あまり見ることのない形態にみなさん喜んでいただけたようです。

当日の流れのおおよそは決まっていたものの、細かい流れは全く決まっていなかったところに急遽司会進行も必要とのことで、私に声がかかりました。私は、司会進行、事務局メンバー、出演バンドのボーカルという一人三役で走り回ることになってしまいました。

来て下さった皆さんに「平塚の記念局は、活気があっていいね」、「この出陣式に来て良かった、楽しかった」と思っていただきたく、台本を考え始め、台本が完成したのは、前日のことでした。

そんな下準備8割、当日活動2割で、無事に出陣式を終えることが出来ました。当日、来てくださった方々からは、お腹も耳も満足していただける結果になりました。目まぐるしい準備でしたが、その分、私の達成感も相当なものでした。

記念局交信スタート

2022年4月1日、0時00分の時報とともに、「8J1H90T」の交信が始まりました。

トップバッターは、われらが代表です。深夜だったので、どのくらいの方と交信が出来るだろうか、誰とも出来なかったらどうしようかと心配もありましたが、蓋を開けてみたら、かなりの局長さんからのお声掛けをいただき、幸先の良い滑り出しでした。


200局交信中

そして、同日10時、代表からバトンを受け取り、私が移動先からCQを開始しました。普段言い慣れている、自局コール以外での運用は、初めてでしたので、絶対に言わないといけない内容を目の前に書いて、貼り付け、それを見ながらのドキドキした始まりになりました。

今までの連載には、まだ書いていませんでしたが、昨年6、7月から主立ったコンテストに参加してきたので、もしもパイルアップになった時でも、何とか対応出来る力は、ついていると信じてとにかく1局でも多く交信しようと思っていました。

いざ始まってみると、コールサインの全部を1回でなかなか受信が出来ないという難しさもありましたが、今回は記念局と言うことで、こちらのコールサインは皆さん最初から知っているため、交信が長くならずに済んだのかなと思います。当日、交信していただいた局長さん、ありがとうございました。

午前2時間、午後2時間、合計4時間で200局との交信を無事達成し、初日の私の任務は完了しました。

移動運用、2日目

私が移動運用をした翌日、私以外のメンバーは、平塚の高台から移動運用を行っていました。

私は??というと、自宅からメンバーが運用する記念局に声をかけて、自分でも自分の参加している記念局のカードを得ようとしていました。という理由ももちろんありますが、やはり一主婦が2日間連続で家を空けてしまうことはとても難しく、現実的ではありません。余暇を趣味で過ごすという生活について、家族はとても寛大ですが、やはり基本は主婦。日々の家事は手抜きが出来ません。

そして、もう一つ、主婦が趣味をする上で、私が気を付けていることは、帰宅してから、家族の前で、「疲れた」、「大変だった」と言うような言葉や溜息をつくことは、しないように心がけています。自分がやりたい趣味のため、ぐったり疲れて、すぐに眠ってしまいたくなることもありますが、翌朝辛くないように、朝食の準備がすぐにできるよう下準備をしたり、洗濯物もその日のうちに干してから寝る。朝は、何とか起きて、普通に一通りの家事をしたら、ちょっと寝るという生活で調整しています。

そんな主婦ならではの理由から、移動運用へは、行くことができませんでしたが、自宅からの交信で記念局と2バンドで交信することが出来ました。

ジャンク市・初参戦


ジャンク会場からロマンスカー・撮り鉄??

4月17日には記念局メンバーと一緒に公開運用をすることになり、神奈川県足柄上郡松田町で行われたジャンク市に行ってきました。

予定日前に台風が来る予報があり、開催されるか危ぶまれていましたが、当日朝は、何とか曇りでギリギリ大丈夫かなといったお天気です。

私は、7時過ぎに家を出発、東名高速を飛ばし、大井松田までのちょっとしたドライブ、途中、雨がポツポツ降ったり止んだりしていましたが、自宅から約1時間で現地に到着です。ジャンク市、「なんで壊れたものや古いものに需要があるの」と私には、ちょっと理解しがたい所と思って行って見ました。これをみんなは修理したり、部品だけを取って、自分が持っているものと組み合わせてバージョンアップしたりすることを楽しむ人がこんなにたくさんいるのだと思い、新たな発見でした。

記念局の運用もする予定でしたが、無線機を出したくても、雨が降ってきてしまい、交信することは出来ませんでしたが、たくさんのOMさんとアイボールすることが出来ました。無線でお会いしている方、何回も交信しているのに初めてアイボールする方もいて、天気には恵まれませんでしたが、楽しい一日となりました。


道の駅のチューリップ畑

帰り道、近くにあった道の駅のチューリップ畑に癒され、良い空気に触れ、ちょっと忙しい日々を送っていた私には、リフレッシュできる一日となりました。

これから1年

記念局は、まだ始まったばかりです。これから1年間メンバーの気持ちをまとめ、やる気を失うことなく、最後まで目標に向かいゴールできるように、楽しみながら、時にはメンバーに発破を掛けながら頑張って行きたいと思っています。

無線の技術や知識は少なくても、仲間と一緒に企画をやり遂げるために、自分の出来ることをやる、それもメンバー内には必要なキャラクターです。YL局は、私1人なので、結構自由にやらせていただいているので、とてもやりやすく感じています。

来月からは、また通常の私の無線を始めてからの体験記に戻って行きますので、またよろしくお願いします。いよいよ待ちに待ったゴールデンウィーク、みなさんと交信出来ることを楽しみにしています。

ぴよぴよラヂヲ@婦人部 バックナンバー

2022年5月号トップへ戻る

次号は 10月 3日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2022 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部